埼玉県警本部=さいたま市浦和区

写真拡大

 会員登録をすると買い物などに使えるポイントがもらえる「ヤフー」のサービスにうその情報を入力してIDを取得したとして、埼玉県警は24日、札幌市豊平区の藤野広美容疑者(56)と長男の光喜容疑者(28)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。

 県警は2人が2016年以降、同じ手口でIDを大量取得して約9300万円分のポイントを得ていた疑いがあるとみている。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、2人は18年3月、自宅のパソコンから埼玉県内の架空の住所や名前などを入力して95件の会員登録をし、翌月、提携キャンペーンで与えられる「Tポイント」計約14万円分を不正取得した疑いがもたれている。