画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマトホールディングスは10月23日、11月29日にヤマトグループ創業100周年を迎えるにあたり、1991年に登場した「クロネコ・シロネコ」キャラクターをリニューアルすると発表した。

新キャラクターを製作した作家は、JR東日本の「Suicaのペンギン」、ダイハツの「カクカク・シカジカ」、千葉県の「チーバくん」を製作した実績を持つ坂崎千春氏。

同氏はキャラクターのリニューアルについて「今回「クロネコ・シロネコ」のキャラクターを制作するにあたって大事にしたのは、『シンプル』『』親しみやすい』『調和』という3つのこと。クロネコは上半身を鍛えたマッチョな形にし、シロネコは下半身がふっくらしたかわいい形にして、ふたりが並んだときに調和が取れるようにしています」とコメントしている。

新「クロネコ・シロネコ」キャラクターは、今後ヤマトグループの顔として広告、販促グッズ、Webコンテンツ、公式SNSアカウントなどに幅広く活用されるという。