©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

10月24日(木)の『アメトーーク!』は、“テレビで見ない日はない!”というほど、ロケであらゆるものをリポートしている達人たちが集結する『ロケリポーター芸人』を放送する。

©テレビ朝日

リーダーの飯尾和樹(ずん)、カンニング竹山らは、マイク片手に登場するやいなや蛍原徹に直撃。勝手にインタビューを始める芸人たちを、蛍原は「みんな、はやく座りなさい!」と一喝する。

「ロケリポーターあるある!!」では、大阪で年間300回ロケが放送されたこともあるという濱家隆一(かまいたち)が、「大阪はロケ時間が長い!」と激白。スタジオが騒然となった大阪の長〜いロケ時間について語る。

また、若林正恭(オードリー)は、現地のカメラクルーが撮影をすることの多い海外ロケの達人・春日俊彰(オードリー)のエピソードを大暴露。ドイツロケに臨んだ春日が、オープニングで「トゥース!」を披露した際、現地カメラマンのとった行動が明らかになる。

©テレビ朝日

「俺のリポートテクニック!!」では、達人たちが普段どのようにテクニックを実践しているのかニセロケを敢行。そのリポートテクニックが明らかに。

飯尾が自販機の前で黙る理由、濱家のスタッフへの気遣い、さらに横澤夏子がグルメレポ―トなど、次々飛び出す“匠の技”を目の当たりにした蛍原が思わず「かっこいい〜!」と達人たちに尊敬のまなざしを送るひと幕も。

©テレビ朝日

「次世代リポート芸人は誰だ!?」では、以前「BiSHどハマり芸人」で好評だった草薙航基(宮下草薙)と高岸宏行(ティモンディ)が、それぞれ商店街のリポートに挑戦する。

さらに、オードリー春日はドッキリで、連続一言コメントの限界に挑む。