2024年パリ五輪のロゴ(2019年10月21日撮影)。(c)STEPHANE DE SAKUTIN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】今週発表された2024年パリ五輪のロゴは、同国の歴史を呼び起こすデザインのはずだったが、ネット上では、型にはまったパリジェンヌのイメージを想起させると冷笑する声が相次いでいる。

 21日に発表されたロゴは、前回パリで五輪が開催された1924年に流行していたアールデコ調のデザインで、金メダルの中に五輪の聖火が描かれている。また1789年のフランス革命以降、自由とフランス共和国を擬人化した象徴となっているマリアンヌ(Marianne)の唇と輪郭も使われている。

 しかしこのマリアンヌのモチーフに対しては、ロゴに不必要な色気をもたせるものだと嘲笑する声も上がった。ツイッター(Twitter)のあるユーザーは「芸術家のミューズ(女神)、詩人の夢、そして、お母さんがあの子には気をつけなさいと言った女の子。彼女はどこに行くにもあえて遅刻する。あなたの夫とパーティーでいちゃついた末に、あなたが怒ったことを不思議に思うような女だ」と書き込んだ。

 また、聖火のモチーフが出会い系アプリ「ティンダー(Tinder)」のロゴと似ているといった声や、マリアンヌのシルエットが米ドラマ「フレンズ(Friends)」で一世を風靡(ふうび)した女優ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)さんの懐かしい髪形を思い起こすとの声も出ている。

 五輪のロゴをめぐっては、来年の東京五輪でも2015年に発表された当初のデザインに盗作疑惑が浮上し撤回される騒動が起きていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「人間として耐えられない限界状況」 ロゴ盗作疑惑の佐野氏
日韓で存在感みせたイヴァンカ氏、お呼びでないとの批判浴びる
仏パリのエコな男性用公衆小便器、高級住宅地では不評