16年ぶりの写真集『Just as a flower』を発売する長谷川京子 撮影:沢渡朔

写真拡大

 女優の長谷川京子が、11月26日に写真集『Just as a flower』(宝島社)を発売することが決定した。41歳になった長谷川が、演じるでもなく、おしゃれさをウリにするわけでもなく、ただ等身大のリアルな「長谷川京子のいま」を伝えた今回の写真集は、26歳以来、16年ぶり3冊目の出版となる。

【写真集カット】水に濡れた布をまとい…色気あふれる長谷川京子

 今作では、「家庭がありながらも、出逢ってしまった不可抗力な恋愛」というストーリーを背景に、湿り気を帯びた日本の純文学世界の恋愛シーンを彷彿させるような珠玉のカットの数々が詰まっている。

 その長谷川の輝く瞬間を切り取ったのは、日本を代表する写真家の沢渡朔氏。ファッション、ポートレートの分野で世界的に活躍し、女性を題材にした作品が有名。長谷川の柔らかくしなやかな肢体と匂い立つ大人の色気は、読者の野生をかきたて、また女性の中の性を目覚めさせる内容となっている。

 写真集発売にあたって、長谷川は「人生は選択と決断の繰り返しであり、そしてそこに運も作用するとするならば、この時期にお話をいただけたという事は全てのタイミングが重なったラッキーだと、信じています」。

 「素直に楽しんで見て頂く事が一番です。でも本を閉じた後に残る印象、感覚を大切にしてもらいたいと願っています。機会があれば、教えて欲しい(笑)女性がありのまま、生き生きと。そこから溢れ出る魅力が個人の色気であり、強みである。全ての女性が持つ権利だと思います。是非、手に取って見て頂けるとうれしいです」とコメントしている。

 リリー・フランキーによる帯コメントには「母であり、妻であり、女優であり、何より、女盛りである。薔薇の咲き乱れたような長谷川京子の姿と勇気は、すべての人々に希望と香りを伝えている」と寄せられている。

 また、本作の発売を記念して、長谷川本人が“ママ”として登場する「スナック京子」を一夜限りでオープンすることが決定。宝島チャンネルで写真集を予約した人に限り、抽選に申し込みができる。お酒を飲みながら、“長谷川ママ”が人生相談にのってくれるかも(!?)。なお、12月1日には、東京・紀伊國屋新宿本店にて写真集のお渡し会の開催も決定している(詳細は後日発表予定)。