ブロードリーフ(3673)、配当+優待利回り3.8%超の 株主優待を変更! 優待品は「QUOカード」⇒「Visa ギフトカード」に変更するも利回りは高水準を維持!

写真拡大

 株式会社ブロードリーフが、「QUOカード」の株主優待を変更することを、2019年10月18日に発表した。

  ブロードリーフの株主優待は、12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「500株以上を保有する株主に『QUOカード』(5000円分)、1000株以上を保有する株主に『QUOカード』(1万円分)、2000株以上を保有する株主に『QUOカード』(2万円分)、1万株以上を保有する株主に『QUOカード』(10万円分)を贈呈」というのものだった。

 今後は、贈呈される株主優待品が「QUOカード」⇒「Visaギフトカード」に変更される。また、配布基準が若干変わり、「500株以上を保有する株主に『Visaギフトカード』(5000円分)、1000株以上を保有する株主に『Visaギフトカード』(1万円分)、2000株以上を保有する株主に『Visaギフトカード』(2万円分)を贈呈」となる。 

  ブロードリーフの株主優待の変更は、2019年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ブロードリーフの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 株主優待内容
12月末 500株以上
1000株未満
QUOカード5000円分
1000株以上
2000株未満
QUOカード1万円分
2000株以上
1万株未満
QUOカード2万円分
1万株以上 QUOカード10万円分
(変更後)
基準日 保有株式数 株主優待内容
12月末 500株以上
1000株未満
Visaギフトカード5000円分
1000株以上
2000株未満
Visaギフトカード1万円分
2000株以上 Visaギフトカード2万円分

ブロードリーフの株主優待利回りは?

  ブロードリーフの2019年10月23日時点の株価(終値)は591円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(保有株数が1万株未満の場合、変更の前後で株主優待利回りの変動はない)。

(500株保有の場合)
投資金額:500株×591円=29万5500円
優待品:Visaギフトカード5000円分
優待利回り=5000円÷29万5500円×100=1.69%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×591円=59万1000円
優待品:Visaギフトカード1万円分
優待利回り=1万円÷59万1000円×100=1.69%

(2000株保有の場合)
投資金額:2000株×591円=118万2000円
優待品:Visaギフトカード2万円分
優待利回り=2万円÷118万2000円×100=1.69%

  ブロードリーフの株主優待は、「QUOカード」から「Visaギフトカード」に変更された。「Visaギフトカード」は、デパート・レストラン・専門店・ホテルなど全国の幅広い取扱店で利用可能で、個人投資家に人気の優待品で、1万株以上を保有する株主以外は株主優待利回りも変わらないので、株価に与える影響は大きくはないだろう。なお、株主優待の権利を獲得するには、最低500株以上の保有が必要だが、500株保有時の配当+株主優待利回り=3.89%と、まずまずの水準なので、金券優待に関心がある人は、チェックしてみよう。

  ブロードリーフは主にカー用品や整備などの、自動車販売後のさまざまなサービスの市場(アフターマーケット)を中心とする自動車業界向けに、自社開発のソフトウエアやITソリューションを提供する会社。2019年12月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上収益3.4%増、営業利益9.4%増、税引前利益9.6%増、当期純利益5.4%増。2019年は、製造業からの引き合いが強い、ブロードリーフの作業分析ソフトウエア「OTRS」のOEM契約を締結したKAizen Instituteと、そのグループ会社により、「OTRS」のグローバル向け製品版の販売が開始に。幅広い分野、より多くの国での活用を目指す。

【※2019年10月の株主優待の情報はこちら!】
⇒【10月の株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】定番で人気のエイチ・アイ・エスやパーク24のほか、優待内容を拡充したロック・フィールドなどに注目!

■ブロードリーフ
業種コード市場権利確定月
情報・通信業3673東証1部12月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
591円500株29万5500円2.20%
【ブロードリーフの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2019年10月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。