画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Appleは10月22日(米国時間)、「Update your iPhone or iPad software to avoid issues with location, date, and time - Apple Support」において、古いiPhoneおよびiPadを使っている場合は問題が修正されたiOSへアップデートを実施するように呼びかけた。

これらデバイスにはGPS時刻ロールオーバー問題が存在しており、協定世界時で2019年11月3日12時以降に位置情報と時刻に関して問題が発生する可能性があると説明している。この問題は2019年11月3日の12時までは発生しないとされている。

問題の発生するデバイスおよび問題が修正済みのiOSのバージョンは次のとおり。

この問題はiPod touchには存在していないほか、Wi-FiのみのiPadモデルにも影響はないとされている。また、上記リストに掲載されているよりも新しいiOSデバイスもこの問題の影響は受けないとされている。この問題は、2019年11月3日の12時までは発生しないとされており、該当するデバイスを使用している場合はその前に、問題が修正されたiOSへアップデートを実施することが望まれる。