テリー伊藤

写真拡大

 お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実(44)が個人で設立した会社が東京国税局の税務調査を受け、2018年までの7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘されていたことが23日、分かった。うち約2000万円は仮装隠蔽を伴う所得隠しと認定されたもよう。重加算税などを含めた追徴税額は約3400万円に上るとみられ、徳井はすでに納税と修正申告を済ませている。

 TOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9・0)では、この話題を取り上げた。タレント、テリー伊藤(69)は「そんな馬鹿なことがあっていいわけがない!」と激怒。「納税なんて当たり前。冗談じゃない。俺はどれだけ払っているのか」と不信感をあらわにした。