U-19アジア選手権予選に臨む23人が発表された

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は23日、AFC U-19選手権2020予選に臨むU-18日本代表メンバー23人を発表した。

 アジア予選は11月6日から10日までベトナムで開催され、来年10月にウズベキスタンで開催されるU-19アジア選手権出場権獲得を目指す。グループJの日本は11月6日にU-18グアム代表、同8日にU-18モンゴル代表、10日にU-18ベトナム代表と対戦する。

 ユース所属の選手が大半を占め、海外組、Jトップチーム所属組のほか、大学から3選手が選出された。高体連からも浦和内定のFW武田英寿、鹿島内定FW染野唯月、町田内定FW晴山岬の3選手が選ばれた。チームの10番はMF松岡大起(鳥栖)が付ける。

【スタッフ】

監督:影山雅永

コーチ:冨樫剛一

GKコーチ:高橋範夫

コンディショニングコーチ:中馬健太郎

■選手

▽GK

1 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)

23 小畑裕馬(仙台ユース)

12 山田大樹(鹿島ユース)

▽DF

3 山崎大地(順天堂大)

4 中村拓海(FC東京)

2 西尾隆矢(C大阪U-18)

17 三原秀真(愛媛U-18)

19 井出敬大(柏U-18)

20 林田魁斗(C大阪U-18)

14 加藤聖(JFAアカデミー福島U18)

15 バングーナガンデ佳史扶(FC東京U-18)

※井出が辞退。DF木村誠二(FC東京U-18)を追加招集

▽MF

6 岩本翔(筑波大)

16 川本梨誉(清水ユース)

7 柴田壮介(湘南)

10 松岡大起(鳥栖)

5 松本凪生(C大阪U-18)

8 鮎川峻(広島ユース)

22 武田英寿(青森山田高)

21 石浦大雅(東京Vユース)

※松岡が辞退。MF川崎颯太(京都U-18)を追加招集

▽FW

18 大森真吾(順天堂大)

13 晴山岬(帝京長岡高)

11 櫻川ソロモン(千葉U-18)

9 染野唯月(尚志高)