画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Mozillaは10月22日(米国時間)、「Latest Firefox Brings Privacy Protections Front and Center Letting You Track the Trackers - The Mozilla Blog」において、Firefoxの最新版となる「Firefox 70」の公開を伝えた。

このバージョンではこれまで実験的に導入されてきたトラッキングブロック機能「Enhanced Tracking Protection」がすべてのプラットフォームでデフォルトで有効になったほか、こうしたプライバシー機能によってブロックした情報をプライバシプロテクションレポートに追加するといった変更が行われている。

Firefox 70の主な特徴は次のとおり。

Enhanced Tracking Protectionをすべてのプラットフォームにおいてデフォルトで有効化

Enhanced Tracking ProtectionにFacebook、Twitter、LinkedInといったSNSサイトにおけるクロスサイトトラッキングクッキーをブロックするソーシャルトラッキングプロテクション機能を追加

プライバシプロテクションレポートにおいて、Enhanced Tracking Protectionの情報を表示するように変更

プライバシプロテクションレポートにFirefox MonitorおよびFirefox Lockwiseの情報を統合

Firefox Lockwiseにおけるパスワード管理機能の改善

Firefox Monitorとの連動機能を追加。データ漏洩を発見した場合に自動的に報告する機能を搭載

パスワード生成機能を強化

高速なJavaScriptベースラインインタプリタの導入

WebRenderをより多くのプラットフォームで有効化

macOSにおける電力消費の改善とページ読み込み速度の向上

組み込みのFirefoxページにおけるダークモードへの対応

開発者向けの新機能に関しては「Firefox 70 - a bountiful release for all - Mozilla Hacks - the Web developer blog」に詳細がまとまっている。

Firefox 70はプライバシ機能の強化が行われたバージョンとして注目されているが、JavaScriptベースラインインタプリタが導入されパフォーマンスがさらに向上している点でも注目される。この新たなインタプリタによって、Google Drive系の複雑で巨大なJavaScriptが使われているWebアプリケーションの性能が向上することになる。

MozillaはFirefoxにおけるプライバシー機能やセキュリティ機能の改善に力を注いでいる。Firefox Monitorと連動することで、自身が使っているメールアドレスに関するデータ漏洩が発生しているかどうかをリアルタイムで知ることができる。