元俳優の新井浩文被告 

写真拡大 (全2枚)

 自宅で出張マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優新井浩文被告(40)=本名・朴慶培、韓国籍=の論告求刑公判が23日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)であり、検察側は懲役5年を求刑した。

 新井被告側は無罪を主張し結審した。判決は12月2日。

 検察側は論告で、被害女性の証言について「迫真性があり信用できる」と主張。女性は体格差のある被告に恐怖心を抱き、「抵抗は困難だった。被告の一連の行為は暴行に該当する」と訴えた。

 被害者参加した女性の代理人は「やめてと何度も伝えたが、恐怖で逃げることができなかった。正当な処罰を望む」とする陳述書を代読した。

 弁護側は最終弁論で、「抵抗を著しく困難にさせる暴行はなく、強制性交罪には当たらない」と反論。これまでの公判で「服を脱がしたりした時に抵抗はなかった。その時は同意があったと誤信した」と述べていた新井被告は、最終意見陳述で「女性の証言は変遷している。なぜ変わったのか」などと不満げに話し、法廷を後にした。

 起訴状によると、新井被告は2018年7月1日未明、当時住んでいた東京都世田谷区のマンションで、女性に頭を押さえ付けるなどの暴行を加え、わいせつな行為をしたとされる。