救急車のサイレンの音に腹を立て、自転車で飛び出して進路を塞いだとして、愛知県警天白署が名古屋市天白区、翻訳業の男(48)を公務執行妨害の疑いで名古屋地検に書類送検していたことが同署への取材で分かった。

 送検は今月4日。

 同署によると、男は7月23日午前10時45分頃、同区焼山の県道で、サイレンを鳴らして急病人を搬送するため、緊急走行していた救急車の前に自転車で飛び出して、通行を妨害した疑い。男は一度停車した救急車を追い掛けて、2度にわたって進路を塞いだ。

 容疑を認め「深夜にサイレンを鳴らして低速で走る救急車に腹が立っていた」と供述している。消防が警察に相談して事件が発覚、救急車のドライブレコーダーなどから男を特定した。