11月24日(日)放送のドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』(フジテレビ系)で、浅野和之が20年後の伊佐坂難物(70代)を演じることが決定した。

本作は、フジテレビ開局60周年、アニメ『サザエさん』放送50周年を記念して放送されるスペシャルドラマ。天海祐希が主人公・サザエを演じ、“日本一有名な家族”サザエさん一家のこれまで一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで描く。

 

そんな本作で、浅野が20年後の伊佐坂難物。磯野家の隣に居を構え、職業は小説家。デビューから一貫して恋愛小説を書き続け、数々のベストセラーを世に送り出す。締め切り間際にならないと仕事にかからない癖は20年たっても直らず、それどころか最近は、大型チェーン店の出店ですっかり閑古鳥が鳴いている“あさひが丘商店街”を盛り上げるため、小説家よりも商店街の盆踊り大会の実行委員に精を出している。

 

ただ、実は遅筆ながら書き進めている原稿があり、それは自身初となる家族小説で、さらにこの小説を最後に、小説家を引退することも決意しており…。

 

<浅野和之 コメント>

◆20年後の伊佐坂難物役のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「子供の頃、家族で回し読みして楽しんでいた、あのサザエさんに出演できるなどとは、思いもよらなかった事でした!!」

◆見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「やはり20年後のサザエさん一家が見られるなんて、想像した方はいるとは思いますが、それが実際に見られることが見どころであります!!」

 

フジテレビ開局60周年記念・アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画
『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』
フジテレビ系
11月24日(日)後8時〜9時54分

<出演者>
天海祐希、西島秀俊、濱田岳、松岡茉優、成田凌、桜田ひより、八嶋智人、稲葉友、森矢カンナ、中林大樹・小手伸也、浅野和之・市毛良枝、伊武雅刀

<スタッフ>
原作:長谷川町子『サザエさん』
脚本:阿久津朋子
企画・プロデュース:渡辺恒也(アニメ『サザエさん』、過去作品『HERO』HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』『海月姫』他)
プロデュース:小林宙(共同テレビ)(過去作品『フラジャイル』『海月姫』『SUITS/スーツ 』他)
演出:鈴木雅之(過去作品『ショムニ』『HERO』『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』他)

©フジテレビ