【報ステ】ヒアリ「次元の異なる事態」関係閣僚会議

写真拡大

 東京湾の青海ふ頭で50匹以上のヒアリが見つかったことを受け、政府は21日、関係閣僚会議を開き、緊急対策を取りまとめた。強い毒性を持ち、刺されると火を付けられたように痛いことからその名が付いたヒアリは、2年前に初めて国内で発見された。政府は「これまでの事例とは次元の異なる事態の発生が確認された」として、青海ふ頭全域に駆除用のえさを置くとともに、監視体制を強化する方針にしている。