怖っ!温泉街をクマが疾走 ガラス戸割り住宅内に

写真拡大

 山形県の温泉街でも異様な光景です。車に並走するように駆け抜ける黒い物体に、撮影した男性も仰天です。

 夜の街中を疾走するのはクマ。20日午後10時すぎ、鶴岡市で友人とドライブ中だった男性が歩道を走るクマを発見。

 クマが走っていたのは鶴岡市湯温海にある温泉街の道路。航空地図で見ると、周りは山に囲まれているのがよく分かります。この道をクマは東に向かって走っていったといいます。

 また、同じころに路上でクマを見つけた男性から警察への通報もありました。そのクマは体長1メートルほどで、付近の住宅のガラス戸を割って家の中に入り、再びガラスを割って外に出ていったといいます。

 クマが侵入した家の住人:「ドスンといって、地震だと思ったらガチャンと。わっと思って、車が衝突したかと思ったら、そのうちガヤガヤっていうから。あらっと思って下に下がったら、皆、外にいて。『クマが入ったぞ、おめえさ』と言われて。びっくりした後『警察には通報したからの』と言われて」

 住人にけがはありませんでした。歩道を走っているところを撮影されたクマと、通報があったクマが同じクマだったかは分かりませんが、警察は付近を警戒しています。