プロ野球草創期に活躍した巨人の大投手、沢村栄治をたたえて先発、完投型の本格派投手を表彰する沢村賞の選考委員会が21日、東京・港区のグランドプリンスホテル高輪で開かれ、2000年以来19年ぶりに「該当者なし」となった。

 7項目の選考基準(15勝以上、150奪三振以上、10完投以上、防御率2・50以下、200投球回以上、25登板以上、勝率6割以上)のうち、今季のセ、パ両リーグで最も多くクリアしたのは日本ハム・有原航平(27)と巨人・山口俊(32)の各4項目だった。

 3項目をクリアしたソフトバンク・千賀滉大(26)、DeNA・今永昇太(26)や両リーグを通じて最多の6完投をマークした広島・大瀬良大地(28)らも候補に挙がり、最終的に有原と山口が最終候補に残った。しかし、完投数が有原は1で山口はゼロ、投球回が有原は164回1/3、山口は170回で、ともに基準に届いておらず、該当者なしとなった。

 堀内恒夫委員長(71)=元巨人=は「完投なしでもいいとなると、(先発完投型だった)沢村さんの名前に傷を付けると思っている。最後は該当者なしで落ち着いた」と語った。

 選考委員は堀内氏のほか平松政次(72)=元大洋、山田久志(71)=元阪急、村田兆治(69)=元ロッテ、北別府学(62)=元広島=の4氏。