画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東北大学とNECは10月21日、量子アニーリングマシンを活用したシステムインテグレーション(SI)実務の高度化を推進する共同研究を開始すると発表した。

NECはAIを活用したSI実務の高度化に向け、膨大なソフトウェア・サービスの組み合わせ最適化問題計算や学習データの作成を目的に、「量子アニーリング導入によるシステム自動設計の超高速化」と「量子アニーリングの確率的動作を利用したAI学習データの拡充」に取り組む。

NECは、顧客要件の情報を基にシステム設計を自動化するAIの開発を行っているが、要件を最も満たす組み合わせ(最適解)を発見するのに時間がかかっているという。

共同研究を行うことで、制約条件を量子アニーリングで高速に求解し、最適化されたシステム設計を高速に導出することを目指す。

AI学習データの拡充においては、従来のコンピュータ上のプログラムで生成可能なデータではなく、量子アニーリングマシンの確率的な動作を活用し、予測可能な生成ルールが存在しないが学習データとしての条件は満たしているデータを作成する。