画像提供:マイナビニュース

写真拡大

"購買体験"とはよく言ったもので、購買するアイテムはもとより、"購入するまでのプロセスが便利であること"自体が継続的なファンを獲得する。21日、富士通と関東地方を中心にマルエツ、カスミ、マックスバリュ関東のスーパーマーケットを展開するユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)は店舗でレジに並ばずにお買い物できるシステムの導入を発表した。

来店客向けスマートPOSアプリ「USMH公式モバイルアプリ」にはスマートフォンのカメラを活用した購入商品登録&キャッシュレス機能が搭載。ユーザーは事前にアプリにクレジットカード情報を登録、店舗で買いたい商品のバーコードをアプリで読み込み、購入リストに登録するだけでレジに並ばず決済が完了するというもので、10月21日からスーパーマーケット「カスミ」の一部店舗(カスミ筑波大学店とカスミ本社1階に同日オープンの「KASUMILABO」)で運用を開始する。なお、セキュリティ喚起のため、決済後にスマートフォン表示されるQRコードをサービスカウンターに設置されたQRコードリーダーにかざすことで次回以降の買い物が可能になる。

システムにはマイクロサービスアーキテクチャを活用、販売管理システムや価格マスタと連携するAPIを基盤システム上に構築。二段階認証による利用登録機能を実装し、拡張性の高いマイクロサービスで機能の追加や連携を必要に応じて追加できる。U.S.M.Hでは11月以降、カスミの各店舗に順次拡大しアプリ機能拡充を図っていく構えだ。なお、今回オープンした「KASUMILABO」は、新しいスーパーマーケットのあり方を模索するため、今後様々な実証実験を進めていくことも述べている。