配車アプリで“無断キャンセル”1人で複数予約も…

写真拡大

 スマートフォンのタクシーの配車アプリを複数利用して予約し、一番早く到着したタクシー以外はすべて無断キャンセル。このような悪質な利用者が問題となっています。

 皆さんはタクシーの利用をどうされていますか?いつ来るか分からない流しのタクシーを待つのではなく、スマートフォンの「配車アプリ」を使って呼び出すことも増えてきました。ところが、今このアプリの不正利用でタクシー業界が悲鳴を上げているのです。

 配車アプリは、複数のタクシー会社のなかから最も近くにいるタクシーを選んで利用者の元に迎えに来る仕組みで、スマホ向けに相次いでリリースされています。しかし…。

 東京ハイヤー・タクシー協会、太田祥平広報委員長:「一時期問題になった飲食店での予約(キャンセル)問題と同じ。以前よりもアプリ利用の配車が増えている。問題点が事業者から挙げられる頻度が増加」

 例えば、利用者がアプリからタクシーの配車を予約します。そのタクシーを待っているうちに、たまたま近くを別の空車のタクシーが通り掛かります。配車予約した人はそのタクシーに乗車。当然、タクシードライバーが現場に着くと誰もいません。また、複数のアプリを使いこなす利用者もいて、同時に何台も配車を予約し、1番早く来たタクシーに乗車。残りのタクシーも迎えの場所に向かっているはずですが、何の連絡もなく無断キャンセルしてしまうこともあるそうです。

 タクシードライバー:「(Q.無断キャンセルは?)昔から当たり前になっている」「目の前まで行ったのに、他の車が来ると乗る。あり得ること。外にいたら他に車来たら乗るよね」

 配車アプリ利用者:「(Q.アプリで頼んだ後、空車が来たら?)ありますね」「(Q.空車の方に乗る?)ありますね、正直。(アプリ配車の方を)キャンセルできる時はします」

 では、悪質なケースではキャンセル料を請求することはできないのでしょうか。

 東京ハイヤー・タクシー協会、太田祥平広報委員長:「約款上は、配車のマッチングをした時点で契約成立。実際はクレジットカードの事前登録をするサービスでもないので、キャンセル料を請求することは難しい」

 一方、キャンセルを減らす工夫として配車アプリ「DiDi」では、クレジット決済を原則としているほか、利用者とドライバーが通話や定型文でやり取りすることができる仕組みを導入しています。お互いに待ち時間が分かることで、イライラしないメリットがあるようです。配車アプリの悪質な利用が続けば、私たちにとっても不便な状況になる恐れもあります。

 東京ハイヤー・タクシー協会、太田祥平広報委員長:「アプリ離れ、アプリのお客様の配車を受けても、お客様がいないので受けたくないという乗務員が増えてきてしまう。配車アプリは、事業者や乗務員にとって生産性が上がる素晴らしいもの。流しじゃなくてもご依頼を頂ける。お客様にとっても配車が担保されるということで、メリットが大きい。まずは適切にご利用頂きたい」