画像提供:マイナビニュース

写真拡大

OpenBSDプロジェクトは10月17日(米国時間)、「OpenBSD 6.6」において、OpenBSDの最新版となる「OpenBSD 6.6」のリリースを伝えた。alpha、amd64、arm64、armv7、hppa、i386、landisk、loongson、luna88k、macppc、octeon、sparc64に対応。インストーライメージは「OpenBSD: Mirrors」に掲載されているミラーサイト経由でダウンロードできる。

OpenBSD 6.6の主な注目点は次のとおり。

1023GBを超える物理メモリを搭載したamd64マシンにおけるサポートの改善

octeonプラットフォームにおけるベースシステムコンパイラをLLVM Clangへ変更

LLVM Clangで提供されているアーキテクチャaarch64、amd64、armv7、i386、mips64el、sparc64にpowerpcを追加

armv7およびi386プラットフォームにおけるGCCを無効化

tmux(1)の各種改善と機能追加

SMPの改善とシステムコールロックの解除

arm64ハードウェアサポートの改善

IEEE 802.11ワイヤレススタックの改善

ネットワークスタックの改善

インストーラの改善

セキュリティ機能の改善

ルーティングデーモンおよびそのほかユーザランドネットワーク機能の改善

VMM/VMDの改善

OpenSMTPD 6.6.0、LibreSSL 3.0.2、OpenSSH 8.1、LLVM / Clang 8.0.1などの同梱

より詳細な情報は「OpenBSD 6.6 Changelog」にまとまっている。また、再インストールではなくOpenBSD 6.5からアップグレードする場合は「OpenBSD Upgrade Guide: 6.5 to 6.6」を参考にして作業を行うことができる。