「いわての美味しいお米 新米トップセールス」発表会に出席したのん

写真拡大

 女優ののん(26)が29日、都内で行われた「いわての美味しいお米 新米トップセールス」発表会に出席。台風19号での被害も大きかった岩手県にエールを送った。

 のんは岩手県を舞台にした2013年前期放送の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを務め、大ブレーク。現在は「純情産地いわて宣伝本部長」を務め、同県の最高級オリジナル水稲品種「金色の風」「銀河のしずく」のPRを担い、テレビCMにも出演している。

 東日本を中心に猛威を振るった台風19号は、岩手県内でも土砂災害や浸水被害などで甚大な被害が出ている。「あまちゃん」でもさまざまな場面で登場し、話題を集めた三陸鉄道は東日本大震災から8年、ことし3月に全線開通したばかりだったが、今回の台風でも被害を受け、一部区間での運休が続いている。

 達増拓也・岩手県知事(55)は台風被害へのお見舞いを述べた後、「こういう時だからこそ、おいしいお米を食べて前に進んでいきたいという思いを込めてイベントを行うことにした」とイベント開催の意図を説明。「お米のほうはすでに収穫も終え、岩手が誇るブランド米ができております。私も稲刈りをしましたが、手応えを感じるよく育ったお米であります」と力強くアピールした。

 イベントでは、達増知事が田植えをし、稲刈りしたお米を試食する場面も。のんは自らお米をよそって「ツヤツヤ」と満面の笑み。自身も新米を頬張り、「本当においしくて幸せな気持ちになりました。見た目が艶やかで神々しくて、食べてみたらもっちりと香りがして、素晴らしいお米ができたなと感動しました」と笑った。

 さらに、のんは「岩手は台風被害にも遭われて、すごく心配していたのですが、こんなに素敵なお米ができて、みんなでおいしいお米を食べることで気持ちを盛り上げていければと思います。みんなで岩手の純情米を食べて盛り上げていきましょう」とアピールした。