画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優・中山美穂が主演を務め、共演に木村多江、大島優子を迎えたドラマ『彼らを見ればわかること』が、2020年1月からWOWOWでスタートすることが明らかになった。

同じマンションに住む3人の女性とその家族がそれぞれに抱える事情と欲望が入り乱れる、大人のドラマである本作。再婚相手との家庭で「妻」と「母」でありながら、官能的な作品で絶大な人気を誇るレディコミ漫画家としての顔も持つ内田百々子役を演じる中山は「家族の形はさまざまですが、いくつかの家庭を描いたドラマは久しぶりなのではないかと思ったのですが、どうでしょう? 変化し続けていくであろうこれからの時代、未来をどのように見つめるのか、きっとそんなことを考えてしまう作品になると思います」とコメント。

百々子と同じマンションに住む友人で、夫に家事全般を任せるキャリアウーマン・富澤瑞希役の木村多江は「一人一人が身近にいそうで、でもとっても魅力的で、愛おしい、そんな人たちの日常が壊れそうなドキドキ感がある面白い脚本でした。登場人物たちの滑稽で愛おしい日常を、動物園を見るように楽しんでいただけたらと思います。そして檻の外から面白がって応援してくだされば嬉しいです」と本作の見どころについて語る。

そして、百々子が別れた夫の現在の妻で、百々子と同じマンションに引越してくる看護師・鴨居流美役の大島優子は「現代の結婚や家庭を築くことがリアルに表現されていて、それを重く捉えるのではなく、新しい視点で受け止め発信できる作品だと思いました。みなさんの家族の形にも似ているかもしれない三家族の話を作品を通じて寄り添い、共感していただける時間にしたいと思います」と視聴者にメッセージを送った。

脚本は丁寧かつ大胆な女性心理の描写に定評のある沢木まひろ(『二十歳の君がいた世界』ほか)。 監督は映画『神様のカルテ』やドラマ『偽装の夫婦』の深川栄洋。