ハロウィンの時期に町中で騒ぐ人は文字も読めないのか?行き過ぎた迷惑行動

写真拡大

今年もまもなく、ハロウィンの時期がやってきますね。
そもそもハロウィンとは〜……と、ケルト神話の昔から続く風習について書いておこうと思ったのですが、どうせ誰も興味がないだろうから省略します。
この国ではここ最近、渋谷あたりで「ハロウィンだから」という理由だけで、若者が大勢集まってますよね。
まあ、騒ぐだけでも結構な迷惑なんですけど、それだけじゃ済まない人々もいます。
ハロウィンの空気にかこつけて、みんなで意味なく騒ぎ、あげく「人に迷惑までかける」というまさに頭の悪い連中のやることだと認識しています。
「おいちょっと待てよ」と異論もあるでしょうが、まあ最後まで読んでから反論してください。

品性下劣!犯罪も横行!こんなイベントに意味あるの?


そもそも渋谷ハロウィンがもてはやされるようになったのはここ数年ですが、実情ってマジでひどいもんですよね。
痴漢、喧嘩、なんでもござれ。
去年なんて軽トラを横転させたり、近隣の飲食店の食券販売機にいたずらをする、本物のバカが多数現れました。
みんな逮捕されちゃったようですが。
筆者ははっきり言って、あの無責任な狂騒が大嫌いです。
ハロウィンにかこつけて集まって騒いで、似合わないコスプレして、ゴミもまき散らして。なんとおぞましいのでしょう。
まともな人間のやることではないと思いますし、群集心理が1人1人の無責任な人間を相互作用でさらにひどくしちゃってる感が否めないところです。
だってそうでしょう?
アホみたいに騒いで、他人に迷惑をかけ、渋谷区に迷惑をかけ、警察だって本来しなくてもいい交通整理をさせられ、しかも終わってみれば街が汚れている。
これってなんか参加者以外に得ありますか?
ワイドショーではこのバカ騒ぎの前後に、近隣住民が苦い顔をしてインタビューに答える様子を放送しています。
誰だってそういう顔になりますよね。
もし自分の家の前であんな事態が巻き起こったらどうしますか? 絶対嫌でしょう?
バカ騒ぎしているあの連中だって嫌がるはずです。
それを「おまつりだから」「ハロウィンだから」と無責任に夜通し騒ぎ倒して、汚せるだけ汚してどっかに去っていく。
あり得ない話です、本当に。

渋谷ハロウィンに見る参加者の利己的な言動


筆者は昨年、運悪くあの狂騒のすぐ脇で仕事をしていたのですが、まぁひどかったひどかった。
警察沙汰だって起きてたし、そこかしこで怒号も。
民度の低いこと低いこと。
癪に障るのはそのハロウィンの喧噪から明けて翌日。
10時頃でしたでしょうか。電車に乗るとコスプレをした連中が、優先席に座って大口を開けて寝ており、その目の前には老人が吊革に掴まっていました。
「ああ、彼らはさんざん遊んで暴れて疲れたあげく、優先席でアホみたいな顔をして寝ていられる、どうしようもない連中なんだ」と思った筆者は性格が悪いのでしょうか。
祭りに参加するのはいいんですけど、普通に考えて節度は保っておくべきではないんでしょうか。
人間ですし大人です。
その大人が仮装をしたまま電車で力尽きる。みっともないったらありゃしません。

おわりに


まあ、こんなことを書いたところで、当事者を改心させることはないでしょう。
何故ならあんな暴動じみた集まりに顔を出す連中は、11文字以上の文章が読めんでしょうから。
もし読めるのなら「ゴミはお持ち帰り下さい」って看板なんかも読めてるわけですからね。
でも、ハロウィンの喧噪を明ければ街はゴミだらけなわけです。
その尻拭いを、有志や地元の面々がやらなければならない。こんなに腹の立つことってあるんでしょうか。
元締めのいない集会って、本当にカオスですよね。
(松本ミゾレ/ライター)