千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が行方不明になった道志村のキャンプ場が、台風19号で壊滅的被害を受けた。

 現場周辺にとどまっていた美咲さんの母、とも子さん(36)は山を下りて同市に帰った。とも子さんは18日、産経新聞の取材に応じ「美咲は山にいると信じていたが、惨状を見たら、いてほしくないと思った」とジレンマを語った。(渡辺浩)

 美咲さんが行方不明になった「椿荘オートキャンプ場」は、12日の豪雨でキャンプ場内を流れる椿沢が氾濫。斜面の崩落も起き、大量の岩や土砂、倒木などが流れ込んだ。

 18日に記者が取材に向かったところ、国道413号から最短距離でキャンプ場につながる林道は舗装がめくれ上がり、通れなかった。別ルートでたどり着いたが、キャンプ場は大きく姿を変えていた。

                 ×   ×

 美咲さんは9月21日、とも子さんや姉、友人家族らとキャンプに訪れた。同日午後3時40分ごろ、小川へ先に遊びに行った子供たちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。

 とも子さんら家族はそれから1週間ほど、テントを張ったまま美咲さんを捜し、その後は近くの旅館に滞在して捜索活動を見守ってきた。県警などは今月6日、大規模な捜索を打ち切り、ボランティアが捜し続けてきた。

 台風19号の接近でいったん成田に帰っていたとも子さんは、14日朝に現場に戻って、あまりの被害の大きさに驚いた。

 「そこにあるはずのない大きな岩があった。ここに美咲がいてほしくないと思った」。17日に道志村を後にした。

 ボランティアによる捜索も中断し、再開のめどは立たない。とも子さんは「今後は現場以外の場所で協力していただければありがたい」と話す。美咲さんの写真などを掲載したチラシを製作。3万〜4万枚印刷し、ボランティアの力を借りて全国で配るという。

                 ×   ×

 美咲さんがいなくなって以降、ネット上ではとも子さんへの批判も出た。髪形を変えると「こんなときに美容室に行くなんて」と書かれた。

 とも子さんは「報道関係者などに説明するために、いなくなったときの美咲の髪と同じ長さにしようと友達に切ってもらっただけ。家族の心情も考えてほしい」と訴える。

 「美咲はどこかで生きている。必ず見つけ出したいので皆さんの力を貸してほしい」と情報提供を呼びかけている。

 美咲さんは身長約125センチ、やせ形。不明になったときは黒の長袖シャツにジーパン姿で、緑のスニーカーを履いていた。情報提供は県警大月署(0554・22・0110)。