ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 まずは、先の台風19号により被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を願っております。

 その台風19号により、中央競馬も土日の東京開催が中止・順延となりました。先週は3日間開催でしたが、月曜日開催分はそのまま行なわれ、土曜日開催分が10月15日(火)に代替開催され、日曜日開催分は10月21日(月)に代替開催されることになりました。関係者の苦労には計り知れないものがあります。

 競馬界にとって、不幸中の幸いだったのは、競馬場や美浦トレセンといった施設が直接的な被害を受けなかったことです。僕は、現在も美浦村に住んでいるのですが、この辺りは雨雲の本体から外れたようで、警戒していたほど、多くの雨は降りませんでした。

 とはいえ、北関東や東北地方では、日ごとに被害の大きさが明らかになっており、被災地の状況を目にするたびに心が痛みます。競馬が毎週開催されるというのは、決して当たり前のことではないと、あらためて痛感させられています。

 さて、今週は京都で牡馬クラシックの最後の一冠、GI菊花賞(10月20日/京都・芝3000m)が行なわれます。

 秋の3歳牡馬トップを決める一戦ですが、今年は例年以上に難しいメンバー構成になったように思います。昔から、3000mという距離を嫌って、春の実績上位馬が菊花賞を避けることは少なくありませんでしたが、今年は皐月賞馬、ダービー馬に加え、トライアルのGII神戸新聞杯(9月22日/阪神・芝2400m)、GIIセントライト記念(9月16日/中山・芝2200m)の勝ち馬までも不在、という状況になってしまいましたからね。

 ダービー馬のロジャーバローズは引退。セントライト記念の勝ち馬リオンリオンは故障による戦線離脱なので仕方がありません。ダービー2着のダノンキングリーも、当初から今後の主戦場を中距離路線と決めて、GII毎日王冠(10月6日/東京・芝1800m)から始動しているので、菊花賞に出てこないのは当然でしょう。

 しかしながら、皐月賞馬で、神戸新聞杯を勝ったサートゥルナーリアには、「菊花賞に出てほしかったな」という気持ちがあります。この馬も、もともと菊花賞には向かわないことを決めたうえで神戸新聞杯を使ったようですが、2番手で折り合って、早め先頭から後続を3馬身もちぎったあの勝ち方を見ると、3000mでも対応できるのではないか? と思いましたからね。

 GI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)での、アーモンドアイやダノンプレミアムとの対決も楽しみですが、淀の3000mをどう乗りこなすのか見てみたかった、というファンも多かったのではないでしょうか。

 何はともあれ、春の実績馬がこぞっていなくなってしまった今年の菊花賞。となると、春に世代の中心として活躍したヴェロックス(牡3歳)は、迎え撃つ立場として負けられないでしょうね。

 皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)では、勝ったサートゥルナーリアとはアタマ差の2着。ダービー(5月26日/東京・芝2400m)では、サートトゥルナーリアを逆転し、1着ロジャーバローズ、2着ダノンキングリーに次ぐ3着でした。どちらのレースでも、菊花賞に出走する馬の中では最先着の成績です。

 先週のGI秋華賞も、桜花賞馬、オークス馬不在のなかで行なわれ、結果的に春のGIで上位に来ていた馬たちが上位を独占。勝ったクロノジェネシスは、桜花賞も、オークスも3着で、惜しくも春の戴冠を果たせなかった馬でした。

 ヴェロックスも同じように、春の二冠はわずかに及びませんでしたが、今回は悲願のGI制覇に向けて、とても大きなチャンスを迎えていると思います。

 翻(ひるがえ)って、関東馬で最も注目されているのは、ニシノデイジー(牡3歳)。ただこの馬には、個人的にあまり食指が動かないんですよね。

 ダービーでは、内から脚を伸ばして5着。2歳時にはクラシック戦線の中心を張っていた馬ですから、能力は高いと思います。クリストフ・ルメール騎手への乗り替わりが発表された際には大きな話題となって、一段と人気を集めることになりました。

 でも、菊花賞というレースが合うかどうかと考えると、あまりいいイメージが持てない、というのが正直なところです。3000mを走るスタミナ自体はあると思いますが、京都の外回りコースだと、脚の使いどころが難しいのではないか? という印象が拭えません。好走したレースでは、センスのよさや一瞬のキレを生かしてきた馬ですからね。

 その他、トライアルから菊花賞に臨む馬で気になるのは、神戸新聞杯3着のワールドプレミア(牡3歳)でしょうか。

 その前走の神戸新聞杯、結果だけ見れば、上位2頭に完敗したと言えますが、鞍上の武豊騎手はレース中から同馬の脚を測りながら乗っているように見えました。最後はしっかり3着に押し上げて出走権を得ましたし、上がりはサートゥルナーリアと並ぶ32秒3。菊花賞を見据えながらの競馬という意味では、収穫のある内容だったと思います。

 今回は、武豊騎手も勝ち負けを意識して乗るでしょうし、春は故障で大きなレースに出られなかっただけ。能力そのものは、世代でも上位と見込んでいる馬です。距離は違いますが、京都の外回りコースでは2戦2勝の実績もありますから、楽しみな存在と言えますね。

 菊花賞と言えば、いわゆる夏の上がり馬にも、注視する必要があります。とりわけ今年は春の実績馬が手薄ですから、余計にチャンスがあると考えていいと思います。

 ということで、今回は夏競馬の条件戦を勝ち上がってきた馬たち、なかでもとくに内容がよかったホウオウサーベル(牡3歳)とヒシゲッコウ(牡3歳)の2頭を「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 ホウオウサーベルは東京→新潟、ヒシゲッコウは函館→札幌と、ともに1勝クラス、2勝クラスを突破してきた馬です。2頭はタイプこそ違いますが、非常にいい勝ち方をしていて、甲乙つけ難い存在です。ですから、今回は「ヒモ穴馬」を2頭にさせてもらいました。


前走、5馬身差の圧勝劇を披露したホウオウサーベル

 ホウオウサーベルは、前走の阿賀野川特別(8月18日/新潟・芝2200m)が5馬身差の圧勝でした。2着に負かしたプランドラーも、菊花賞出走を狙っていた池江泰寿厩舎の良血馬ですから、この勝利はかなり価値があると思います。

 阿賀野川特別と言えば、昨年3着のユーキャンスマイル、一昨年3着のポポカテペトルも勝ち上がってきたレースです。阿賀野川特別組の3年連続菊花賞3着、あるいは、それ以上の結果があっても不思議ではありません。


今夏、北海道で2連勝を飾ったヒシゲッコウ

 ヒシゲッコウは、キャリア2戦目のオープン特別・プリンシパルS(5月12日/東京・芝2000m)で3着。春の時点ですでに素質の片鱗は見せていましたが、夏の北海道での連勝はすばらしかったですね。兄がマイルGI馬のステルヴィオという血統ですが、父がロードカナロアからルーラーシップに替わって、距離の心配はなさそうです。 今回はおよそ3カ月ぶりのレースとなりますが、ノーザンファームの生産馬で、堀宣行厩舎所属ですから、仕上がりに関しても不安はないと思います。昨年の菊花賞でも7月以来の競馬だったフィエールマンが勝ちましたし、先週の秋華賞もオークスから直行のクロノジェネシスが勝利。こちらも、一発があってもおかしくありません。