東須磨小で10月16日夜に開かれた保護者説明会=神戸市須磨区

写真拡大

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)での教員間暴力・暴言問題で、同校は当面、子どもたちの給食にカレーを出さないことを決めた。

 加害教員らが校内の家庭科教室で被害者の男性教員(25)に激辛カレーを食べさせる動画が広く報じられ、カレーを食べるのを嫌がる児童がいるためという。市教委は現場の家庭科教室も改修する。

 カレー給食の中止と家庭科教室の改修は、16日夜に同校で開かれた保護者向けの説明会で学校側が明らかにした。出席した保護者からは「保護者の感覚と学校の対応がずれている。カレーをやめるとか、しょうもない。家庭科教室を改修するお金は他のことに使うべきだ」との意見も出た。

 市教委の説明によると、同校では問題発覚後、4人の児童が気持ちのつらさから登校できなくなり、うち2人が16日時点でも休んでいる状態だという。