「SDGs花月〜漫才・落語に新喜劇〜」の開演前に詐欺被害防止啓蒙コントを行った(左から)ストロベビー・ディエゴ、真栄田賢、福島善成、ムーディ勝山、レイザーラモンHG

写真拡大 (全2枚)

 吉本興業所属芸人の闇営業問題で謹慎処分を受けたスリムクラブの真栄田賢(43)、内間政成(43)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(42)、ムーディ勝山(39)、ストロベビーのディエゴ(41)が18日、京都・よしもと祇園花月で「SDGs花月〜漫才・落語に新喜劇〜」の開演前に詐欺被害防止啓蒙(けいもう)コントを行った。

 6人は振り込め詐欺グループの宴会に事務所を通さず参加し、ギャラをもらう“闇営業”で6月に謹慎処分を受け、8月に仕事復帰した。

 HGが「『特殊詐欺を許せない』とわれわれがたまたま集まりまして、いろいろな詐欺の実情を折り込みながらやりたいと思います」と観客に呼びかけると、寸劇がスタート。

 内間が高齢者、真栄田やディエゴが詐欺集団にふんし、「オレオレ詐欺」の実態を笑いを交えて紹介。その他、詐欺被害者の高齢者を家族が責めてはいけないことや、詐欺に遭わない対策を解説した。

 HGは「勉強になって笑える最強のコントでしたね。ほかのメンバーもいまして、持ち回りでいろんなところでやらせてもらいます。ぜひ、みなさん、知り合い、親族やいろんな方に話していただけたら」と呼びかけた。

 同イベントは現在開催中の「京都国際映画祭」の一環で、20日まで京都市内を中心に行われる。