藤川京子

写真拡大

 フルゲートでも、一枚上手はアドマイヤマーズ。休み明け位しか隙が見当たりません。一択で勝負したい所です。強いて言えば、ノームコアの前走タイムが気になりますが、今の東京は他の競馬場とは次元が違うので、この実績タイムは度外視して良いと思います。そうなるとやっぱり、前走のNHKマイルカップで勝ったアドマイヤマーズの実績が光ります。

 これに続くのが、NHKマイルカップ3着のカテドラル、ヴィクトリアマイル1着のノームコア、調子を上げて来た前走京成杯AH3着のジャンダルム。それと、前走のダービーは厳しい結果になりましたが、東京の実績は悪くないエメラルファイト。この辺が有力になると思います。それに、昨年の覇者ロジクライが割り込んで来るかどうかというレースに見えます。

 ここは、3連単でも出来そうな気がします。一択出来れば3連単も買いやすくなります。アドマイヤマーズとM.デムーロ騎手のコンビなら心強い。紐の配置が問題になりますが、穴がクリノガウディーで、朝日杯FSまではアドマイヤマーズのライバルでした。ポテンシャルはあるので、後は東京コースの克服だけだと思います。

3連単フォーメーション
1着 7
2着 13、16、15、12
3着 10、17、2、9

 有力馬は、アドマイヤマーズに勝負を挑んで来ると思いますので、力尽きる馬が多いと思います。そこで、3着に穴馬の構成にしました。