画像提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友カードは10月18日、企業の課題を解決するため、データ分析支援サービス「Custella(カステラ)」の提供を開始すると発表した。

同サービスでは、同社が保有するキャッシュレスデータを、個人・加盟店が特定できないよう統計化された顧客属性データ(新規、リピーター、インバウンドなど)や顧客行動ごとに集計し、統計化された購買実績データ(平日、休日、時間帯、エリアなど)など、さまざまな切り口で集計して「見える化」するツールを提供する。

同サービス提供にあたり、同社は、2019年4月の組織改定で「データ戦略室」を新設し、保有するキャッシュレスデータを戦略的に利活用すべく準備を進めてきたという。

「Custella」は、「Custella Insight」「Custella Analytics」「Custella Promotion 」という3つのサービスから構成される。

「Custella Insight」は、取引先企業に関するキャッシュレスデータに、統計化された顧客属性データ、購買実績データ、業界消費動向データ等を掛け合わせた分析データを Webツールで閲覧可能とするサービス

「Custella Analytics」は、取引先企業別の課題やニーズに対し、キャッシュレスデータと取引先企業の保有データや天候データを掛け合わせた分析、独自の切り口での詳細分析、考察レポートを提供するサービス。

「Custella Promotion」は、Custella InsightとCustella Analyticsにおける分析結果を基に、取引先企業などにおけるプロモーションのサポートを行うサービス。