「それぞれの選手の共通理解が、確実に深まっている。たとえば、柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)と橋本拳人(FC東京)のボランチは、それぞれがスペースを補い合い、前後左右で支配。攻撃だけでなく、リスクヘッジもできていた」

“スペインの慧眼”ミケル・エチャリ(73歳)は、敵地で0−3と勝利したタジキスタン戦後に語っている。

 エチャリは、ヴィッセル神戸の監督をしていたフアン・マヌエル・リージョの師匠にあたる。リージョがまだ10代のころから、教えを与えてきた。リージョをして、「完璧主義。細部を知ることで全体を知る」と評させた指導者である。選手同士の補完関係について、その指摘はとくに鋭い。サッカーは個人では成り立たないスポーツだからだ。

 エチャリは、日本代表のタジキスタン戦をどう分析したのか?


タジキスタン戦で連係を見せた南野拓実(中央)と鎌田大地(左)

「日本は4−2−3−1のシステムを採用。モンゴル戦からはCB植田直通(セルクル・ブルージュ)、ボランチ橋本、右サイドに堂安律(PSV)、トップに鎌田大地(フランクフルト)が代わって先発した。

 前半、日本はいつもよりもボールがつながらず、失う機会も多かったが、これは人工芝の影響もあっただろうか。しかし、精力的な動きをしていたことは間違いない。私のメモには序盤だけで多くが書き込まれている。

 開始早々、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)の連係で相手の攻撃を遮断。柴崎から堂安へサイドチェンジ。植田のロングパスが南野拓実(ザルツブルク)へ。これは届かなかったが、相手を脅かすプレーだった。植田のいい判断からのインターセプト。南野のシュートが枠の外へ。橋本のいいサポート。10分、中島翔哉(ポルト)のセットプレーを吉田がコントロールするが、シュートは上へ外れた。

 一方、タジキスタンは4−1−4−1の守備的布陣ながら、ボールをつなぎつつ、激しいプレーで対抗した。パルヴィジョン・ウルマバエフとアリシェル・ジャリロフの2人は技術レベルが高く、起点になっていた。23分には、プレスから鎌田のボールを奪い、カウンターを発動している。イーソン・パンシャンバはGK権田修一(ポルティモネンセ)と1対1になるが、シュートはブロックされた。

 日本は相手の健闘で攻め切れず、無得点で前半を終了。攻撃のペースアップを図る必要があった」

 エチャリはそう言って、試合の核心をついた。

「後半、日本は鎌田がトップ下、南野がトップと縦の位置を入れ替えている。これで攻撃は目に見えて加速した。

 象徴的なのが、後半5分のプレーだろう。中盤の橋本がトップでマークを外した南野の足元に速い縦パスを入れる。ゴールを背に受けた南野はこれをダイレクトで鎌田に落とす。鎌田は一度コントロールし、右から走りこんだ酒井宏樹(マルセイユ)にスルーパス。エリア内に入った酒井はシュートを打つところでGKに阻まれる。こぼれ球を堂安が狙ったが、これもディフェンダーに防がれた。

 連係面の鮮やかさでいえば、この日のベストプレーだったと言える。

 南野がトップに、鎌田がトップ下に入ったことで、ボールの動きが格段にスムーズになっている。南野のポストワークとゴールの嗅覚、鎌田のパスセンス、ラインを破る動きが噛み合った。プレーに連続性が出て、相手が守備を修正する時間を奪ったのだ。

 そして7分、鎌田が下がった位置からボールを持ち運ぶ。そして左サイドに流れた中島翔哉へ。中島は持ち替えて、右足でのクロス。ファーポストでマークを外した南野が頭で合わせ、先制点を決めた。

 9分にも、日本はコンビネーションのよさを見せる。堂安が持ち上がったボールを酒井がもらい、相手DFとMFの間にパス。インサイドでボールを受けた鎌田は、相手をかく乱しつつ、一度柴崎に下げ、再び右サイドへ。再び受けた酒井がグラウンダーの速いボールを入れると、最後は南野がコースを変えた」

 これで日本は0−2のリード。エチャリは、選手同士の意思疎通が高まっていることに高い評価を与えた。

「その後、日本はボールを失い、3、4度のピンチを迎えている。また、数ある決定機を決め切れず、試合は0−2のまま推移した。83分に交代出場の浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)が3点目を入れたが、攻守に改善の余地はあるだろう。

 しかし、森保ジャパンは試合を重ねるたびに、チームとして成熟しつつある。ボランチの柴崎と橋本のように、パートナー関係が深まっている。サイドバックとサイドアタッカー、センターバック同士、あるいはセンターバックとボランチの関係など、各所の連係が密になっている。とりわけタジキスタン戦は、南野と鎌田がそれぞれの関係を試合中に改善できた点を特記したい」

 そう語るエチャリは、最後にこう付け加えている。

「後半アディショナルタイム、交代で出場した久保建英(マジョルカ)が目を引くプレーを見せている。右サイドでディフェンス3人を翻弄。ゴールラインから完璧なマイナスのクロス。フリーで受けた浅野はこれをバーに当てた。久保は5分にも満たない出場だったが、存在感を示していた」