チェルシーで活躍したドログバ photo/Getty Images

写真拡大

欧州の各国リーグ戦において、シーズンで最も多くの得点を決めた選手に贈られるのが「欧州ゴールデンシュー」だ。バロンドールをリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドが支配しているのは有名だが、ゴールデンシューも2009-10シーズンよりメッシとロナウドに支配されてきた。昨季もメッシが36ゴールを決めて受賞しており、得点数において彼らに敵う人物はほとんどいないのだ。

では、メッシとロナウドを抜いて考えると各シーズンのゴールデンシュー受賞者はどのようになるのか。英『GIVE ME SPORT』が2009-10シーズンより振り返っているが、名前が挙がるのはいずれも世界を代表する名ストライカーばかり。彼らはゴールマシーンであるメッシとロナウドに受賞の機会を阻まれてきたのだ。

2009-10シーズン

受賞者:リオネル・メッシ(34ゴール)

2位:ディディエ・ドログバ&アントニオ・ディ・ナターレ(29ゴール)

2010-11シーズン

受賞者:クリスティアーノ・ロナウド(40ゴール)

2位:アントニオ・ディ・ナターレ&マリオ・ゴメス(28ゴール)

2011-12シーズン

受賞者:リオネル・メッシ(50ゴール)

2位:ロビン・ファン・ペルシー(30ゴール)

2012-13シーズン

受賞者:リオネル・メッシ(46ゴール)

2位:エディンソン・カバーニ(29ゴール)

2013-14シーズン

受賞者:クリスティアーノ・ロナウド&ルイス・スアレス(31ゴール)

2014-15シーズン

受賞者:クリスティアーノ・ロナウド(48ゴール)

2位:セルヒオ・アグエロ(26ゴール)

2015-16シーズン

受賞者:ルイス・スアレス(40ゴール)

2016-17シーズン

受賞者:リオネル・メッシ(37ゴール)

2位:バス・ドスト(34ゴール)

2017-18シーズン

受賞者:リオネル・メッシ(34ゴール)

2位:モハメド・サラー(32ゴール)

2018-19シーズン

受賞者:リオネル・メッシ(35ゴール)

2位:キリアン・ムバッペ(33ゴール)

2009-10シーズンより本格的にスタートしたメッシ、ロナウドの時代に、ゴールデンシューを受賞した唯一の選手がスアレスだ。メッシとロナウドがいる以上、ゴールデンシューを受賞するには40ゴール近くを奪っておかなければならない。これはかなり高いハードルだ。2017-18シーズンはサラー、昨季はムバッペと新時代の点取り屋たちが確実に2人へ近づいているのだが、今季はどうなるだろうか。バロンドールを含め、ゴールデンシューの戦いにも注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/