公職選挙法が禁じる選挙区内での寄付行為をめぐる菅原一秀経済産業相の疑惑について、立憲民主党の杉尾秀哉参院議員は17日、菅原氏の指示でリストを作成したとする元秘書の証言音声を報道各社に公開した。

 杉尾氏は15日の参院予算委員会で、贈答品と贈り先の一覧とみられるリストに沿って追及。菅原氏は、贈答品を配ったかどうか記憶の有無を問われ、「私の認識では、ない」と答弁。リスト作成の指示については「命じたことがない」と否定していた。

 音声によると、杉尾氏が品物選定や贈り先は菅原氏の指示かを尋ねたところ、元秘書は「全部本人です」と証言。「議員会館のソファに座って『どうしますか』って私がメモを取って、本人がなんかめくりながら、『この人、カニね』とか。メモに書いて最後に表にした」と語っている。

 朝日新聞も同じ元秘書に取材し、「菅原氏の指示を受け、私がリストを作った」との証言を得ている。

 リストには、2006〜07年に菅原氏側が送った贈答品とみられるカニや筋子、メロン、ミカンなどが記載。送り先には菅原氏の選挙区(衆院東京9区)である東京都練馬区内の住所が記された人物が多数載っている。