「助けてくれと…」透析中断で女性死亡 病院を提訴

写真拡大

 「なぜ透析を再開しなかったのか」と訴えています。

 東京・福生市にある公立福生病院で去年8月、透析治療をやめて死亡した腎臓病の女性(当時44)の夫と次男が病院側に2200万円の損害賠償を求める裁判を東京地裁に起こしました。夫側は「医師が透析の中止を提案したのは違法で同意しても撤回できるという説明もなかった。妻が苦しさのあまり透析を再開して助けてくれと言ったのに応じず、むごい死に方を強いられた」と主張しています。病院側は「訴状が届いていないのでコメントできない」としています。