画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NECネッツエスアイは17日、Symphonictのプラットフォームサービスのひとつである「NGN-VPN セキュアアクセスサービス」に関して、機能拡充を図ることを発表した。

同サービスは、フレッツ光ネクストをアクセス回線としたインターネットを介さない閉域網(VPN)で、各種パブリッククラウドや全国のユーザー拠点間をダイレクト接続できるサービス。

今回、インターネットを経由せずに同サービスからセキュアにダイレクトアクセスができるパブリッククラウドの接続先を拡張し、既に提供しているAmazon Web Servicesに加え、Microsoft Azure、IBM cloud、Google Cloud Platform、Oracle Cloud Platformとのダイレクトアクセスサービスを追加する。

また、これまでのベストエフォート型回線に加え、帯域保証型のアクセス回線(2Mbps〜1Gbps)の提供を開始する。これにより、高信頼性、高品質とリアルタイム性を求める通信(基幹/勘定系、音声・映像等)に対応が可能になる。

さらに、ネットワーク機器をクラウド上で一元管理する統合管理機能を追加する。これによりユーザーは、ネットワーク管理システムを個別に設置する必要がなく、閉域網のクラウド上でネットワーク機器の状況やアラーム状況、各拠点の機器の状況を地図上で把握できるという。

提供価格は、フレッツ光ネクスト(1Gbpsベストエフォート)とVPNルータのパッケージ「拠点プラン」が初期費用4万5,000円、月額1万2,800円。フレッツ光ネクストビジネスタイプを含んだ回線とVPNルータを冗長化した「データセンタープラン」が初期費用7万8,000円、月額11万4,000円。なお、今回新たに追加されたメイン回線を帯域保証型にした新プラン「帯域保証プラン」は地域により価格が変動するため、NECネッツエスアイに問い合わせのこと。