画像提供:マイナビニュース

写真拡大

会計ソリューションを提供するfreeeは10月16日、同社会計システムにおけるAPI開発者向けのSDK(Software Development Kit)「会計freee C# SDK」、「会計freee Java SDK」のリリースを発表した。

SDKを利用することで今後、会計アプリケーションの開発工程を短縮し、期間の大幅削減が期待される。同社では、会計システムのオープンプラットフォーム戦略を展開しており、リリースはその第一弾となる。

今回、公開するSDKには開発に利用可能なサンプルコードなどが含まれており、同社のクラウド会計ソフトfreeeとのシステム連携や同社のシステムとの協業を検討している企業向けへの提供となる。SDKは、GitHub(会計freee C# SDK/会計freee Java SDK)でダウンロードできる。

「会計freee Java SDK」では、Java SDK 1.8以上、Maven利用環境。「会計 freee C# SDK」は、.NET Core 2.2 以上、dotnetコマンド環境。Visual Studio CodeにC#エクステンションなどが環境として記されている。なお、同社では今後、PHPやFirebaseのSDKも順次公開する予定だ。