画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●JALはなぜ787を国内線に投入したのか?

日本航空(JAL)は10月16日、羽田空港で国内線向けボーイング787-8型機を報道公開した。「客室の仕様はこんな感じです」といった類の話なら、すでにあちらこちらで報じられているだろうから、本稿では少し違った視点から取り上げてみよう。

○導入の背景

これまで、日本航空は経済性の高さを生かして、787は国際線専用としていた。かつてなら747、今なら777-300ERが長距離国際線の主力だが、いずれもキャパシティが大きいので、相応の需要がある路線に投入しなければ採算がとれない。

一方、787は747や777-300ERよりキャパシティが小さいが、経済性に優れており、そこそこの需要がある路線に直行便を飛ばしても採算がとれる。筆者が昨年に利用した成田-サンディエゴ線は、その典型例と言えるだろうか。ロサンゼルス線と違って空港が混雑しないので、サンディエゴ線はけっこうお薦めである。

閑話休題。これまでは、「787を国際線に張り付ける日本航空」と「787を国内線と国際線の両方に導入する全日空」と好対照をなしていた。ところが、日本航空も国内線に787を投入することになったので、ここへ来て状況が変わったことになる。その国内線向け787-8では、客室をA350-900と同様の新仕様とした。

これまで、日本航空の国内線は機種に関係なく、おおむね「SKY NEXT」仕様で統一してきていた(グループ会社の機材は別として)。しかし今後は、A350-900や787-8で導入された新仕様が標準になっていくようだ。機種ごとに客室の仕様が異なるよりも統一されているほうが、運用面でも、整備・補給・訓練の面でも具合が良い。利用者にとっても、どの機種に乗っても使い勝手が同じというほうが助かる。

ただ、投資に対するリターンの問題もあるから、既存の機体まで新仕様に変えるのは割に合わないと思われる。すると、これから導入する機体を新仕様として段階的に移行するほうが理に適う。

○787-8は既存機材のリプレース?

なお、今回の787導入が、既存機材のリプレースであるという公式なアナウンスはされていない。ただ、機体規模からいって近そうなのは767である。そこで、ちょっとした比較表を作ってみた。

こうして見ると、787-8はA350-900より小型で、767-300ERよりいくらか大きい。777、あるいはA350-900では輸送力過剰になってしまう路線や時間帯が、787-8の出番ということだろう。

日本航空の国内線向け767には複数の仕様がある。まず機体からして、古い767-300と、後から導入した767-300ERの2種類がある。このうち、767-300ERはファーストクラス付きのA25仕様機とファーストクラスがないA27仕様機があるが、767-300はファーストクラスがないA26仕様機だけ。A26もA27も定員は同じで、クラスJが42席、普通席が219席、合計261席である。

787-8が767-300の代替とすると、ファーストクラスの有無が異なるから話が合わない。一方、767-300ERは代替するには時期尚早。すると単純な置き換えではなさそうだ。今後、日本航空の機材動向がどうなるかは興味深い。

●A350ファミリーにはない、787ファミリーの特徴とは?

○シートは基本的にA350-900と同じ

先にも触れた通り、今回導入する787-8は国内専用の新仕様で、仕様名称はE21という。ちなみに、国際線仕様機にはE03、E11、E12の3種類がある。

E21はファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラス構成で、使用しているシートは、先に運航を開始したA350-900と基本的に同じものだ。全席にAC電源とUSB電源、それと個人用画面を設置しているところも共通する。ただし、先の比較表でもおわかりの通り、機体の寸法(客室幅)に違いがあるので、まったくの同一仕様ではないようだ。

先の比較表に挙げたうち、客室幅がもっとも広いA350-900も、それよりいくらか狭い787-8も、普通席は3-3-3の9列配置である。そこで同じシートを使用したのでは、通路幅に影響が出てしまう。逆にクラスJは、A350-900は2-4-2の8列配置だが、787-8は2-3-2の7列配置。同じシートを使用していれば787-8のほうが余裕ができるはず。

そこで日本航空のプレスリリースにある数字を基に、A350-900と787-8のシートスペックを比較してみた。なお、シート幅とは肘掛けと肘掛けの間の幅である。

こうして見ると、普通席のシート幅は787-8のほうが心持ち狭く、クラスJのシート幅は787-8のほうが心持ち広い傾向にあるようだ。これで納得した。なお、787-8のファーストクラスでシートピッチの数字がないのは、そもそも1列しかなく前後間隔という概念がないからだ。

実は、同じクラスのシートでも機種や場所によって寸法に微妙な差異があるのは、今回の2機種に限った話ではない。日本航空の国際線エコノミークラス「SKY WIDER」でも、767と777と787ではシート幅が少しずつ違う。3機種とも利用したことがあるが、筆者は細身なので違いを実感できなかったけれど。

なお、767-300/300ERでは、普通席は2-3-2の7列配置、クラスJは2-2-2の6列配置、ファーストクラスは2-1-2の5列配置となっている。似たような定員だが、787のほうが胴体が太いので、こういう差異が生じる。

○新仕様の客室を徹底チェック

ともあれ、多少の寸法の差異はあるにしても、基本的にA350-900と787-8の国内線仕様は同じシート。シートの写真をやたらと並べても、同じ話の繰り返しになってしまう。そこで、シートの話はサラッと流して、それ以外のところも見てみよう。

A350ファミリーにはない、787ファミリーの特徴として電子シェードがある。乗ったことがある方なら御存じの通り、窓の色が濃くなったり薄くなったりする仕組みで、個別制御も一斉制御も可能。国際線に乗っていると時間帯によっては、寝ている間に朝になって直射日光が射し込んできてしまい、それで起こされてしまうなんてこともあり得る。電子シェードなら一斉に暗くできるから、そんな悩みはなさそうだ。

この787-8国内線仕様、まず10月27日から羽田-伊丹線に、12月20日から羽田-福岡線にも就航する。その後は、ファーストクラスの設定がある他の路線にも運用が広がっていくのではないだろうか。といっても、後は羽田-新千歳線と羽田-那覇線しかないけれど。

著者プロフィール

○井上孝司

鉄道・航空といった各種交通機関や軍事分野で、技術分野を中心とする著述活動を展開中のテクニカルライター。

マイクロソフト株式会社を経て1999年春に独立。『戦うコンピュータ(V)3』(潮書房光人社)のように情報通信技術を切口にする展開に加えて、さまざまな分野の記事を手掛ける。マイナビニュースに加えて『軍事研究』『丸』『Jwings』『航空ファン』『世界の艦船』『新幹線EX』などにも寄稿している。