出生数90万人割れ…まず優遇すべきは「20代の子育て世帯」です 『未来の年表』著者が考える対策

写真拡大 (全6枚)

今年の出生数が「90万人割れ」という見込みが世間をにぎわせている。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減った要因が大きいが、2016年に100万人を下回ってからわずか3年で90万人を割る異常事態である。累計77万部突破『未来の年表』シリーズ、『未来の地図帳』著者でジャーナリストの河合雅司氏が、深刻な人口減少への対策を考えた。

2年も早く、出生数80万人台へ

日本の少子化が深刻だ。年間出生数が早くも90万人を割り込みそうなのである。

厚生労働省が毎月発表している人口動態統計速報によれば、今年1〜7月までの出生数は51万8590万人だ。これは前年の同期間と比較して3万2471人、率にして5.9%もの減少である。

仮に8月以降もこのペースで行ったとするならば、年間出生数は88万9000人程にとどまる計算である。

ちなみに、国立社会保障・人口問題研究所が2017年に公表した推計では2019年は92万1000人であった。90万人を下回るのは2021年(88万6000人)と見込んでおり、2年も早い80万人台突入となりそうだ。

当然ながら、状況の改善が望まれるが、今後、出生数の減少に歯止めがかかる可能性は極めて小さい。過去の少子化の影響で、そもそも子供を産むことのできる年齢の女性数が激減してしまうからである。そうでなくとも晩婚や晩産が進んでおり、子育て世帯の45.4%は子供が1人しかいない。

いまさら子供を出産できる年齢の女性数を増やせるわけでもないので、これからの政策としては、晩産化対策に力点を置き、人口減少スピードを少しでも遅くすることである。

具体的には、20代で出産する人を重点的に支援することだ。かつてのように20代で結婚・出産する人が多くなったならば、第2子、第3子をもうけようという夫婦も増えることだろう。

20代での出産を支援すれば複数の子供も(photo by iStock)

社会全体で子育て支援を

例えば、20代で子育てをしている世帯には税制優遇や児童手当の加算といった「優遇策」を講じることだ。

企業などの協力も得て、新幹線やイベントのチケットを1日早く予約できるなどといったインセンティブがあってもよい。テレワークなど「通勤しなくてもよい働き方」が当たり前となり、子育てしながらキャリアアップできるような仕組みを普及させていくことも必要である。

そして何よりも重要なのは、こうした政策の展開によって、「若くして子育てをする世帯を応援しよう」という雰囲気が社会全体に広がっていくことである。

もちろん、結婚も出産も本人の意思である。政策はあくまで「したいのに、できない」という個々人の希望に寄り添う形で進めなければならない。

ただし、こうした「優遇策」を講じるにしても、あまり時間的余裕があるわけではない。それはなぜか。

25〜29歳の女性数の将来推計を調べてみると、2015年の319万9000人を「100%」とした場合、2045年は4分の3(242万8000人)、2065年には4割減(194万5000人)にまでなってしまうからだ。

この年齢層の女性数が大きく減ってしまってからでは手遅れである。

言うまでもなく、少子化は国力を削ぎ、日本社会を破綻に導く。国家の非常事態にあって、政治家たちの機敏で大胆な決断が求められている。

未来は変えられる

さて、『未来の年表』シリーズを刊行して以来、私は若者たちからこんな問い掛けをされる機会が多くなった。

「日本はこのまま衰退してしまうのですか?」――。

少子高齢化や人口減少の影響が目に見えて増え、若者に限らず、この国の行く末に不安を感じる人は少なくないだろう。

このたび発売が開始された『マンガでわかる 未来の年表』の中で「MIRAI君」が描き出した未来は、残念ながら、かなりの確度で起こる犖充足瓩澄2甬遒寮功体験が通用しない激変期に入っていく。

『マンガでわかる未来の年表』より

だからといって、日本の衰退が決まったわけではない。変化の先を読み正しく対処すれば、未来は変えられる。

私はつねづね、「戦略的に縮む」ように提唱している。そのお手本は欧州各国にある。日本より人口は少なく、経済規模も小さいが、豊かな暮らしを実現している。

われわれがすべきは、日本人ならではの仕事に磨きをかけ、もっと助け合う社会を再構築することだ。

東日本大震災の混乱にあっても多くの日本人は秩序を守り、自分より困っている人に手を差し伸べた。その道徳心の高さに、この国の希望を見た気がする。人口減少という「国難」も、日本人の知恵と団結力があれば必ずや克服し得ると信じる。

日本人の知恵と団結力があれば克服し得る(photo by iStock)

マンガでわかりやすく

『マンガでわかる 未来の年表』は、拙著『未来の年表』シリーズの漫画化である。人口減少時代に入ったこの国で何が起こり始めているのか、幅広い世代に伝えたいとの思いから世に送り出した。

当初は「こんな深刻なテーマが漫画の題材となるのか」という一抹の不安もあったが、完成した作品は私の想像をはるかに超えるクオリティであった。

すべて漫画家・水上航さんの秀抜な技量の賜物だ。大胆かつ細心な筆さばきで描き出されたキャラクターたちは大変親しみやすく、小気味の良いストーリー展開によって人口減少問題の本質がスラスラと頭に入ってくる。

人口減少時代の日本を生き抜くために、ぜひご一読いただきたい。

▼以下より、 第1話を試し読みいただけます!
https://palcy.jp/comics/378?p=garJzOAs

好評発売中!

■目次

第1話 天空の老人ホーム

第2話 その1クリックが命取り

第3話 万年ヒラ社員

第4話 大死亡時代

第5話 子供が生活習慣病に

第6話 親が死ぬと地方銀行が消滅する

第7話 日本を救う処方箋