相方・亮の家に行ったことを明かした田村淳 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が16日、都内で行われたオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、LoL)10周年記念感謝祭に登場。闇営業問題で現在謹慎中の相方・田村亮の近況について「昨日、飲みに行ったんですよ、家に。奥さんから『いつも部屋にいるので早く仕事をしてほしい』と言われたそうで…」と明かしながら、復帰の目途は「年内は無理そうじゃないですか、この空気感だと…。それでも『早く戻りたい、早く仕事がしたい!』と言っていましたが、『そんなのまだでしょ』とは言いましたけど」と伝えた。

【写真】ガッツポーズをする田村淳

 現在、亮はお年寄りに向けて詐欺注意の啓蒙活動をしている。「きのう僕がアドバイスしたのは、老人ホームに行って啓蒙活動をしているのですが、写真を見る限り振込に行きそうにない、おじいちゃんおばあちゃんで…。『あんまり意味がないのでは?もう少しアクティブな方に啓蒙活動をしないと!』と伝えたら、『確かにな〜』と言っていました」と相変わらず、少し抜けている部分は変わらないと紹介。

 吉本興業との契約問題についても「亮さんの処分というのが明確に出せないと契約というところにいかないので。僕自身の契約はまだ。僕は吉本に残る気ですが、ロンドンブーツという形の契約はできていない状況です」と説明した。

 この日は、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナと呼ばれるチーム対チームの対戦型PCゲーム『LoL』のイベント。プレイヤーが操作するチャンピオンと呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競い、RPG要素とRTS(リアルタイムストラテジー)のテンポなど、スピード感ある展開が特徴で競技性の高さからeスポーツのタイトルとして世界中でプロリーグが開催されている人気ゲームとなっている。

 カードゲームの新情報が明かされて淳は「『カードゲームならできるかも?』と思ってレクチャーを受けていました」と参戦に意欲を見せた。