「庶務行員 多加賀主水」第3弾の放送が決定!/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月17日(日)、高橋克典主演でシリーズ第3弾となるスペシャルドラマ「庶務行員 多加賀主水」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)が放送される。忖度とは無縁、正義と人情を愛する多加賀主水(たかが・もんど=高橋)が、令和の時代に昭和の香り漂う王道ミステリーを繰り広げる。

【写真を見る】第1弾(2017年)当時から変わらず!“天性の人懐っこさ”を持つ多加賀主水(高橋克典)

■ 門外不出“頭取の手帳”が盗まれた!

同ドラマは、銀行を舞台にした江上剛原作の人気シリーズ。高橋扮(ふん)する“庶務行員”こと銀行の雑用係・主水が悪に立ち向かう姿を2017年10月、2019年2月に単発ドラマとして描き、反響を呼んだ。

第3弾となる本作では、歴代の頭取に代々引き継がれてきた“頭取の手帳”が盗まれる事件が発生。さらに、その行方を追っていた総務部長・神無月(神保悟志)も何者かに襲われる。

噂によると、その手帳には銀行の根幹を揺るがしかねない重大な不祥事が数々記されていたという。事実、襲われた神無月の手には、“不正取引”や“規律違反行為者”といった文字と謎の数字・イニシャルが書かれた紙片が握られていた。手帳の謎を調べ始めた主水は、紙片に書かれたイニシャルが自身の勤務先である支店の面々と一致することに気づく――。

第2弾撮影時に高橋が“視聴者に王道ミステリーを楽しんでもらいたい”という思いから導入した立ち回りシーンは本作でもパワーアップして登場。袴姿の主水が木刀片手に悪党に立ち向かう!

■ “相棒”役・夏菜「克典さんは“安心できる存在”」

第1弾から主水の“相棒”を務めてきた夏菜演じる女性行員・生野香織は本作でも登場。高橋との初共演は2006年のドラマデビュー作(『ガチバカ!』TBS)だったという夏菜は、「克典さんは師匠であり、お兄さんであり、すごく安心できる存在。とてもリラックスして演じさせていただいています」と、高橋に全幅の信頼を寄せる。

さらに、本店の営業統括部長・浅葉亮平役で尾美としのり、浅葉のライバルで“立て直しのスペシャリスト”の異名を持つ支店長・山内貴恵役で高島礼子が出演し、脇を固める。

胸のすく勧善懲悪ストーリーに、派手な立ち回り――。主演の高橋も「あえて昭和の匂いのする2時間ドラマをお楽しみいただきたいという思いで作っています」と、並々ならぬ熱意を注ぐ“王道ミステリー”の最新作に注目だ。

■ 高橋克典(多加賀主水役)コメント

――待望の第3弾が実現しましたが、「庶務行員・多加賀主水」シリーズの魅力とは?

2時間ドラマ枠が少なくなっていく中、あえて昭和の匂いのする2時間ドラマをお楽しみいただきたいな、という思いで作っています。第3弾もそういう作品として出来上がっているといいなと思っています。

――夏菜さんとの共演も3作目となりますが、コンビネーションはいかがですか?

僕は常に、隙あらばいろいろ変えていきたいと思っているので、夏菜さんが芯になって安定感を出してくださっています。今回は台本の完成がギリギリだったので、「みなさん、よくぞやってくださった!」という思いでした。

――今回のゲスト、高島礼子さん、尾美としのりさんと共演した感想は?

尾美としのりさんは、さすがの安定感でした。「どこからでもかかって来い」という懐の深さを感じます。面白くて、本当に大好きです。高島礼子ちゃんは久しぶりの共演だったので、「これからも頑張っていこうね」と、再会を喜びあいました。

――アクションシーンに込めた思いを教えてください!

もともと原作にはアクションシーンが描かれていたのですが、第1弾ではあえてカットしたんです。でも“昭和っぽさ”を出すためにも、第2弾から入れることにしました。前作のとき、アクションが唐突に思われるのではないかと心配していたのですが、不思議なことに視聴者の方からは一切そういう意見がなかったんですよね。すんなり楽しんでくださって…。おそらくみなさん、昭和時代に独創性のある作品をかなりご覧になってきたんじゃないかな(笑)。そう考えると、これも日本らしさのひとつ。踏襲しようと思って、第3弾も頑張りました。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いします!

原作者の江上剛さんは元銀行員なので、作品にはリアルな面白さがあります。先日、消費税が10%になったばかりで銀行員のみなさんはてんやわんやでしょうし、今後、銀行を舞台にしたミステリーはますます面白くなるのではないでしょうか。本作でも描いていますが、銀行にはヤバイ話から面白エピソード、いい話まで大小さまざまなネタがあります。これからも“ビジネスもの”としての雰囲気を携えつつ、みなさんが気軽に楽しめるエンターテインメント作品として育てていけたらと思っています。

■ 夏菜(生野香織役)コメント

――待望の第3弾が実現しましたが、このシリーズの魅力とは?

昔ながらの懐かしい感じがするドラマだと思います。主水さんは刑事ではないですが、“ヒーロー刑事もの”という趣きで、毎回、克典さんの殺陣もみどころ。多加賀主水が悪を成敗してくれる、古き良き“ヒーロー感”がこの作品のよさかなと思います。

――高橋克典さんとの共演も3作目となりますが、コンビネーションはいかがでしょうか?

克典さんとは私のデビュー作から共演させていただいて…あの頃から、私にとって克典さんは常にかっこよくて、師匠であり、お兄さんであり、すごく安心できる存在。このシリーズも3作目なのですが、それ以前にも共演させていただいたことがあり、勝手に“相棒”役をやらせてもらっている感覚。とてもリラックスして演じさせていただいています。

――今回のゲスト、高島礼子さん尾美としのりさんと共演した感想は?

高島礼子さんのセリフには、言いづらいものも多かったと思いますが、見事に演じていらっしゃいました。尾美さんは「カット!」の声がかかっているのに、そのまま止めずにワーッとアドリブで話し続けたことがあって、スゴイ方だなと思いました。現場の“盛り上げ隊長”のような方でした。

■ 高島礼子(山内貴恵)コメント

――支店長・山内貴恵役を演じられましたが、演じるにあたって大切にされたことは?

女性の管理職の立場や、部下を育てる立場の方々の苦悩…ですね。応援する意味でも、慎重に演じられたらと思いました。

――主演・高橋克典さんの印象を教えてください!

共演者、スタッフに気を遣いつつ現場を盛り上げて、とても好感が持てます。お芝居も妥協せずに一生懸命で、子どものように楽しんでいて共演している側も一緒に楽しくなってきました。

――多加賀主水に助けられるシーンもありましたが、高橋さんの殺陣はいかがでしたか?

殺陣は、とても見事でした。とても暑い大変な日でしたが、やはり妥協せずカッコよかったかです。

私もアクションはやってきましたが今の殺陣はレベル高いな、と思いました。

――本作のみどころを教えてください!

勧善懲悪が気持ちいいです。能力至上主義、危機管理能力の低さ、今抱えている問題が盛りだくさんです。

■ 尾美としのり(浅葉亮平役)コメント

――浅葉を演じられましたが、大切にしたところは?

脚本をよく読み、監督を信頼し現場に入りました。部下から慕われる仕事ができる風、すなわち、スピード感、余裕がある人に見えるように気をつけました。

――主演・高橋克典さんの印象を教えてください!

頼れる兄貴みたいな存在です。観てくれる方を考え、エンターテインメントとして良いドラマにしようとアイデアを出し、演じ、又はスタッフやキャストに気を使って頭が下がります。

――高島礼子さんとはライバル役でしたが、共演した感想は?

今回は金融機関で働いている役なのでセリフが難しく、長台詞が多かったです。本当に大変でしたね。お疲れ様でした。

――本作のみどころを教えてください!

アクション、人が触れ合うことの大切さ、または絆、色々ありますがそれよりなにより、高島さん,夏菜さんや銀行の女子行員がかわいいです。(ザテレビジョン)