GI菊花賞(10月20日/京都・芝3000m)のトライアル、GII神戸新聞杯(9月22日/阪神・芝2400m)は、勝ったサートゥルナーリアの強さばかりが目立った。

 だが、そのサートゥルナーリアは菊花賞には向かわず、古馬相手のGI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)に挑戦することを早々に表明した。

 さらに、この世代のもう1頭の実力馬、GI日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)2着のダノンキングリーも、秋初戦のGII毎日王冠(10月6日/東京・芝1800m)を快勝しながら、菊花賞も、天皇賞・秋もスルーして、次走はGIマイルCS(11月17日/京都・芝1600m)に向かう予定だという。

 また、これら2頭を抑えてダービー馬となったロジャーバローズは、浅屈腱炎によって、すでに引退している。

 こうして今年の菊花賞は、世代上位の能力、あるいは実績を持つ面々がこぞって”不在”という、やや残念なメンバー構成で行なわれることになった。

 こうなると、実績的に大威張りの存在となるのが、GI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)2着、ダービー3着のヴェロックス(牡3歳)。前走の神戸新聞杯でも、サートゥルナーリアにこそ屈したが、3着馬には1馬身4分の1差をつけて、それ以外の馬とは力差があることを証明した。

 今や、この馬が牡馬クラシック三冠の、最後の一冠の大本命であることは、およそ衆目の一致するところだろう。


菊花賞に臨むヴェロックスは戴冠を遂げられるか

 そもそもヴェロックスは、昨夏のデビュー戦(小倉・芝1800m)で2着馬に8馬身差をつける、ド派手なパフォーマンスを披露。その時点で「ダービー候補」と言われた逸材だ。

 その後、2歳時には成績的に伸び悩んだ時期もあったが、3歳になると覚醒し、若駒S(1月19日/京都・芝2000m)、若葉S(3月16日/阪神・芝2000m)と、クラシックと関わりが深いリステッド競走のオープン特別を連勝した。

 そして前述のとおり、クラシック本番でも皐月賞2着、ダービー3着と奮闘。秋初戦の神戸新聞杯でも2着と力を示した。仮に、サートゥルナーリア、ダノンキングリーら能力上位の馬が出走していたとしても、それらの一角崩しの可能性を秘めた1頭として、有力視されていたに違いない。

 事実、皐月賞ではダノンキングリーに、ダービーではサートゥルナーリアに先着している。

 こうした実績と能力を考えれば、ヴェロックスは今年の菊花賞馬となる資格は十分にある。

 問題があるとすれば、やはり距離か。

 菊花賞の3000mという距離は、どの馬にとっても未知数。ゆえに、適性云々はやってみなければわからない、というのが正直なところだ。

 しかし、この馬の場合、父がジャスタウェイ。天皇賞・秋、安田記念(東京・芝1600m)と国内GIを2勝し、海外のGIドバイデューティフリー(UAE・芝1800m)も圧勝しているが、そうした良績はマイルから2000mくらいの距離に集中している。

 要するに、本質はマイルから2000mまでを得意とするスピードタイプ。その馬の血を引くヴェロックスが、スタミナを求められる菊花賞の、3000mという距離をこなせるのか、という心配はある。

 そんな不安を一蹴するように、「大丈夫。距離は持ちます」と言うのは、関西の競馬専門紙記者だ。そう断言する理由のひとつとして、ダービーの最後の直線の走りを挙げた。

「ヴェロックスはダービーのゴール手前で、またひと伸びしていましたからね。サートゥルナーリアが苦しくなったところを、その直後から伸びてきて、最後でかわして3着になった。距離に限界がある馬に、ダービーのあの距離で、最後にああいう伸び方はできません。現に、厩舎関係者からも『距離が心配』という声は聞こえてきません」

 ただ、この記者によれば、ジャスタウェイの血を引くことで心配なのは、距離よりも、むしろその成長力にあるという。

 ジャスタウェイは3歳時、GIIIアーリントンC(阪神・芝1600m)こそ勝っているが、トップクラスの次にランクされるような地味な存在だった。それが、古馬となった4歳の秋を迎えて、目を見張るような成長を遂げる。そして、先に触れたようなGIレースを次々に制していった。

 つまり、ジャスタウェイの血には、古馬になってから爆発的に素質が開花する”奥手中の奥手”という特徴があるそうだ。幸か、不幸か、ヴェロックスは、よくその特徴を受け継いでいるというのだ。

 そうすると、ヴェロックスが本当によくなるのは、古馬になる来年。本格化の時期まで父と似ているとすれば、秋以降となる。ということは、今はまだ”完成途上”ということだから、その分、他の馬にとってみれば、付け入る隙があるということだ。

 実際、3歳春のアーリントンCを勝ってから、翌年秋の天皇賞・秋まで、重賞では惜敗続きで勝ち切れなかったジャスタウェイの姿は、皐月賞以降のここ3戦、いずれも善戦止まりのヴェロックスと重なる。

 ヴェロックスは春の二冠に続いて、最後の一冠も勝ち切れずに終わってしまうのだろうか。前出の専門紙記者はこう語る。

「ヴェロックスにひとつ光明があるとすれば、前走の神戸新聞杯のレースぶり。今までは、道中おっとりしすぎていて、騎手が気合をつけなければやる気を見せなかった馬が、引っかかるような感じで、自分から前に行こうとしていましたから。

 加えて、見た感じ、トモにも肉がついてパンとしてきましたし、そういうところが、ひと夏越えての成長を物語っているとすれば、本格化はまだ先でも、皐月賞、ダービーの上位組がいないここでは、頂点に立ってもおかしくありません」 ダービーは格言どおり「運のいい馬」が勝った。菊花賞も格言どおりだとすれば、勝つのは「強い馬」――それは、能力・実績ともに出走馬中最上位のヴェロックス、ということになるが、はたして……。