前半は苦しんだが、中島は後半に南野の得点を演出した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[W杯アジア2次予選]タジキスタン 0−3 日本/10月15日/ドゥシャンベ
 
 終わってみれば3−0の快勝も、前半はタジキスタンに苦しめられた。
 
 慣れない人工芝のピッチに、会場は敵地のファンで超満員に膨れ上がったアウェーマッチ。日本は序盤にリズムを掴めずにいた。すると、23分にはタジキスタンのパンシャンバがスルーパスに抜け出して日本はピンチを迎えたが、GK権田修一が1対1を冷静に防いで凌いだ。
 
 一進一退の攻防を繰り広げた前半は、ほぼ互角の展開だった。それだけに、試合後には中島翔哉も「相手もすごいテクニックもあったと思うし、スピードも俊敏性というか、そういうのもあったと思う」と称えた。
 
 ただ、そんなゲームの主導権を一気に日本に引き寄せたのは、他でもない中島である。53分、左サイドで持ち込んでからクロスを送ると、南野拓実のヘディングを見事にアシストした。
 
【タジキスタンサポーターPHOTO】試合2時間前から大盛り上がり!熱狂的なサポーター特集!

 このゴールを皮切りに、55分に再び南野が、82分には途中出場した浅野拓磨が加点。苦しいゲーム展開のなか、中島が演出した先制点の価値は大きかった。
 
 試合後、中島は「すごい難しい試合でした」と振り返り、「相手も頑張っていて、上手な選手も多くて、すごく良いチームだなと思っていたので、ああいう形で先制点が取れて良かった」と述べた。このコメントからも、いかにタジキスタンが難敵であり、そして重みのある先制点だったかが窺える。

 次戦は11月15日にアウェーでキルギスと対戦。またしても敵地での試合になるが、中島は「また次のキルギスは、どういうサッカーをするかまだ分からないですし、1回試合したことはありますけど、どういう試合になるかは分からないと思う。そのなかで、判断良くやっていきたいと個人的には思います」を意気込む。再び、勝利を引き寄せるパフォーマンスに期待したい。
 
構成●サッカーダイジェストweb編集部