2ゴールを決めた南野(右)と途中出場で結果を残した浅野(中央)。日本の守備陣は1点も許さなかった。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[W杯アジア2次予選]タジキスタン 0−3 日本/10月15日/ドゥシャンベ

 2万人を収容するスタジアムは現地サポーターで埋まり、慣れない人工芝のピッチに苦しめられた森保ジャパン。前半は積極的なタジキスタンの健闘によって、スコアレスで折り返すという、予断を許さない展開となった。

 しかし、後半早々の53分に南野拓実のゴールで先制点を挙げると、55分には再び南野が加点。82分には途中出場の浅野拓磨がダメ押しの3点目を叩き込んで、勝利を手にした。

 この一戦を、敗れたタジキスタンの現地メディア『SPUTNIK NEWS』は、「日本はタジキスタンを圧倒」というタイトルを打って報じている。
 
【タジキスタンサポーターPHOTO】試合2時間前から大盛り上がり!熱狂的なサポーター特集!

「ドゥシャンペで、2022年のカタール・ワールドカップの2次予選試合が行なわれ、日出国のチームに0-3という結果で、タジキスタンは粉砕された。53分、若く才能に溢れたサッカー選手のタクミ・ミナミノによるゴールを許し、そのすぐ後には、ヒロキ・サカイ(酒井宏樹)による突破を許して、再び南野が決めた。試合の終わりには、タクマ・アサノがヘッドでもうひとつのゴールをもたらす始末だ」

 そして、日本との間には圧倒的な力の差があったとも振り返っている。

「どれだけタジキスタンが選手の人数をかけて日本のゴールを脅かそうとしても、何も起こらなかった。それを阻んだ要素は選手であり、オフサイドであり、ゴールポストであり、そしてGK(権田修一)のクオリティーの高い仕事によるものだ」

 森保ジャパンはミャンマー、モンゴル、タジキスタンに3連勝を飾り、勝点9ポイントでグループFの首位に立った。4連勝を目指して戦うのはキルギス。現地時間11月15日、再びアウェーでの戦いが待ち受けている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部