タジキスタンが予想外の大健闘を見せ、ゲームは終始引き締まった内容に。最後までゴールを狙い続けた彼らに対して森保ジャパンは……。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 埼玉スタジアムでのモンゴル戦大勝を受けて、日本代表はタジキスタンとのアウェーゲームに臨みました。

 スタジアムは独特の雰囲気で、そこに加えて人工芝のピッチという環境。日本の選手たちがどれだけ早くそこに馴染んでプレーできるのかに注目しました。

 試合前の注目点は環境面でしたが、キックオフされて一番驚かされたのは、タジキスタンの闘う姿勢でした。格上の日本に対して、最終ラインからどんどんパスを繋いでくる。たとえディフェンスを背負っていてもボールを預けて、すぐにフォローに入る。前線からの連動した守備を続けて、中盤でバスカットをすれば、日本の裏へのボールには素早く最終ラインを下げて対応し、跳ね返したボールもきっちり回収していました。

 球際でボールを何度か奪われても、チャレンジし続けていましたね。日本をリスペクトしすぎず、自分たちを信じ、味方のポジションを信じてプレーする姿勢を貫いていました。スコアが0−3になって敗色濃厚となるなかでも、攻めのスタンスを崩さなかったのは見上げたものです。タジキスタンがそうした戦法で挑んできたからこそ、日本はカウンターからチャンスを作る機会が多くあったと思います。

 
 もしかするとアジア2次予選では最大の敵になりうる相手から、日本が確実に勝ちに繋げられたポイントは、3点あります。

 まず1点目は、幅を広げてサイドチェンジを多く利用した攻撃にあります。

 相手チームのコンパクトな陣形は、守備のスライドも速く、隙をなかなか与えてくれませんでした。そのような守備に対しても、前半は吉田麻也選手から長い斜めのロングボールが酒井宏樹選手に何度が通されていました。素早いスライドのためチャンスになりにくいことが多かったですが、その攻撃により、中央突破を仕掛けるスペースも生まれたように思います。

 逆サイドの中島翔哉選手のクロスからの先制アシストと、幅を広げて攻撃したことで決定機が生まれ、得点に至ったのだと考えます。
 2点目は、勝負所を心得た試合運びの巧みさです。

 タジキスタンは何度も日本ゴールに襲いかかり、決定的なチャンスを創出していました。なかでも前半(23分)の最大のピンチは冷や汗ものでしたが、GK権田修一選手がその安定感と落ち着き払ったセーブで、見事に止めてくれました。その後もやられそうな雰囲気はありましたが、再三相手のシュートをしっかりキャッチして、攻撃のリズムを寸断することに成功していました。

 日本も前半は決定機を決め切れませんでしたが、後半立ち上がりの早い時間帯に一気に2得点したあたりは流石でした。あれによってゲーム自体のコントロールが容易くなりました。

 3点目は、ゴール前の質の差。

 南野拓実選手の2ゴールはともにクロスからのゴールでしたが、受け手の動きの質、クロスの質がきわめて高かったです。相手マークから離れて受ける南野選手の動き、そこに合わせる中島選手のクロス。酒井宏樹選手のグラウンダーのクロスに対して、スペースにスピードを損なわずに飛び込むタイミングとシュート技術。まるで攻撃のパターン練習のようでしたが、それを実際の公式戦でやってしまうクオリティーの高さで、タジキスタンとの差を見せつけたと思います。

 てこずっていた人工芝にも馴染み、徐々にいいテンポでボールが回るようになっていました。正確にトラップもできるようになっていましたし、しっかり試合の中で修正していけるのは、やはり個々が海外で積んだ経験の賜物でしょう。イレギュラーな環境下でプレーしてきたからこそ、ああした場面で力を発揮できるのだと改めて感じました。

 最後に──。