「強い気持ちを持って戦ってくれた」と選手たちを労った森保監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 3−0 タジキスタン/10月15日/ドゥシャンベ・セントラルスタジアム
 
 2022年のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選のタジキスタン代表対日本代表がドゥシャンベ・セントラルスタジアムで行なわれた。

 タジキスタンサポーターで埋め尽くされたスタジアムには民族音楽や指笛が鳴り響き、村祭りのような盛り上がりを見せる異様な雰囲気だった。
 
 試合は前半をスコアレスドローで折り返したが、53分、左サイドからのクロスを南野拓実がヘディングシュートで決め日本が先制に成功。すると直後の55分、再び南野が右足シュートをゴール左に流し込み、追加点を奪った。
 
 そして82分には、今度は右サイドからのクロスに浅野拓磨がヘディングで合わせ、ダメ押し弾。守備では無失点で切り抜け、そのまま3−0の完封で勝利を収めた。
 
【タジキスタンサポーターPHOTO】試合2時間前から大盛り上がり!熱狂的なサポーター特集!
 
 試合後のフラッシュインタビューで森保監督は、「このアウェーの地で、どアウェーのなか、選手たちはそう簡単な戦いにならないだろうということを覚悟しながら我慢強く戦い抜いてくれて勝利を掴み取ってくれたと思います」と、完全なるアウェーの雰囲気の中、しっかりと勝利をもぎ取った選手たちへ労いのコメント。

 さらに先日、甚大な被害をもたらした台風19号についても触れ、「被災地、被災者の方々へ励ましとなるプレーを届けること、我々を応援してくださっている方々に勝利を届けるという強い気持ちを持って(選手たちが)戦ってくれて、勝利を掴み取ってくれた」と話した。

 ミャンマー戦、モンゴル戦に続く完封勝利で今予選では開幕3連勝と、盤石の強さを見せている。

構成●サッカーダイジェスト編集部