右サイドから突破を図る堂安(左)。日本代表は個々がハードワークを絶やさず、少しずつタジキスタンを追い詰めていった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[W杯アジア2次予選]タジキスタン 0−3 日本/10月15日/ドゥシャンベ

 後半にラッシュを仕掛け、終わってみれば危なげなく3ポイントを確保した。

 現地10月15日にドゥシャンベで行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア2次予選、日本代表はタジキスタン代表とのアウェーゲームに臨み、3−0の勝利を飾った。

 圧倒的なアウェーの雰囲気にして、ボールが走らない人工芝のピッチ。前半の日本はほぼ互角の展開を強いられ、23分にGK権田のビッグセーブでピンチを凌ぐなど、危険なシーンも作られた。それでも後半は、ギアをひとつもふたつも上げて攻勢を強め、53分、左サイドの中島のピンポインクロスを南野が頭でねじ込み、ついに均衡を破る。さらにその2分後、今後は右サイドの酒井からグラウンダーのクロスが供給され、ふたたび南野がコースを変えてゴールに流し込み、リードを広げた。その後も何度かビッグチャンスを掴みながら決め切れなかったが、82分に途中出場の浅野が豪快ヘッドを決めて趨勢を定めた。

 この一戦を速報で伝えたのが、AFC(アジア・サッカー連盟)の公式サイトだ。次のようにレポートしている。

「前半はタジキスタンの粘り強い守備に手を焼き、人工芝のピッチにも大いに苦しめられた日本。それでも誰もがハードワークを絶やさず、後半になるとエネルギーを一気に放出した。そして53分、前半終了間際にビッグチャンスを逃がしていたミナミノがナカジマのクロスを完璧なヘッダーで合わせ、先制点を奪う。さらにその2分後、ザルツブルクのストライカーはサカイのクロスを鮮やかなバックヒールで蹴り込んでみせて2−0。最終的に日本はアサノのゴールもあって3−0の勝利を収めたが、タジキスタンにも得点の機会は何度かあったが、勝負所でのフィニッシュの質の差で明暗が分かれた」

 これで日本は無傷の3連勝を飾り、グループFの首位を快走。次節は11月15日、キルギスの敵地で第4節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本3−0タジキスタン|超満員の敵地で苦戦も…南野の4戦連発など3ゴールで首位決戦を制す