2ゴールを挙げ、勝利に大きく貢献した南野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 3−0 タジキスタン/10月15日/ドゥシャンベ・セントラルスタジアム
 
 2022年のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表対タジキスタン代表がドゥシャンベ・セントラルスタジアムで行なわれた。
 
 この予選を2連勝で首位につける日本は、序盤からボールを支配し決定機をつくったが、なかなか得点は奪えず。逆にホームのタジキスタンの反撃に苦しむ場面も見受けられながらも、前半をスコアレスで折り返した。

 そして迎えた後半、じりじりとした展開を打ち破ったのは3試合連続ゴール中の南野拓実だった。53分。左サイドでボールを持った中島翔哉のクロスに、中央で待ち構えた南野がヘディングで合わせ、待望の先制点をゲット。さらに55分には右サイドの酒井宏樹からのグラウンダーのクロスに、再び南野が倒れ込みながらも右足のヒールでボールを枠へと転がし、リードを広げた。

 そして82分には酒井のクロスを浅野拓磨がヘディングで叩きつけ、ダメ押し点。その後は攻勢に出るタジキスタンにゴール前まで迫られるシーンもあったが、GKの権田修一を中心に完封。3連勝でグループFの首位をキープした。
 
【南野拓実 PHOTO】4戦連発&2ゴール!大活躍で勝利に貢献!!
 
 4試合連続弾、そして2ゴールを挙げて勝利の立役者となった南野は試合をこう総括した。
 
「タジキスタンも(グループステージ)2連勝で難しい相手になると分かっていたので、前半はそう思った通りの展開で、相手も激しくプレーしていましたし、前半は特に難しかったです」

 先制点については「チームにとって重要な先制点だったとは思いますけど、クロスもすごく良かったですし、前半からそういうチャンスはあったので、決めてチームに貢献できて良かったです」と振り返った。
 
 また倒れ込みながらもうまく合わせて奪った2点目は「難しい体勢だったんですけど、うまく軸足で触れた」ことで決められたという。
 
「また次も厳しい戦いで待っていると思いますけど、今日も遠いところまで来てくれたサポーターに感謝していますし、次も応援してくれるサポーターの方たちのためにも全力で勝利したいです」
 
 次戦のアジア2次予選は、11月14日のアウェーでのキルギス戦。好調をキープする南野が、5戦連発で日本代表をさらなる連勝に導けるか注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部