ゴールマウスを守り切った権田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のタジキスタン代表対日本代表は10月15日、ドゥシャンベ・セントラルスタジアムで行なわれ、3-0で勝利した。

 グループFの首位をかけたスタジアムはタジキスタンのサポーターで埋め尽くされ、アウェー感満載の雰囲気の中での一戦となった。

 前半をスコアレスで折り返した両チームは、後半に勝負をかけ、南野の2ゴールなどで3得点を奪い、守備はクリーンシート。途中はファンが一喜一憂する展開となったが、勝点3を獲得したことに胸を撫で下ろしているようだ。

「後半開始での交代はないのね! なんかこの笛の応援がアジアって感じ!」
「南野やっと決めた!」
「日本先制したら、びっくりするくらいスタジアムが盛り下がった」
「アウェーすぎてゴール決めたのにくそ静かや」
「またも南野! 酒井のクロスは二本ともめちゃくちゃうまいな」
「今日の酒井のクロス半端ない」
「ジャガー浅野久しぶりだ」
「タジキスタンは数年後には怖い存在になりそう」
「ジャガー、出たからには魅せてくれ」
「どうもリードするとプレーが雑になってくるんだよなあ」
「ファールになったけど柴崎のポジショニングは流石だ」
「タジキスタンが強いのか日本が弱いのか…」
「権田、ありがとう。日本はちょっと!しっかり!!!」
「相手の前線がもうちょっとクオリティ高かったら失点ものですなあ」
「堂安のディフェンスさぼらないの大事やなー」
「浅野、頭で決めるのか」
「酒井宏樹さん2アシスト」
「おっ、久保建英〜!がんばれー」
「やっと久保かあ。 もっと早く見たかったなあ」
「オリンピックで久保と堂安を同時に使うってなるとこうなるのかな?」
「柴崎選手の存在は大きいですね。うまくゲームをコントロールしてる」
「よし日本勝った!」
「アウェーの首位決定戦勝利で一山は超えたね」
「点差以上に厳しい試合だったな」

 森保ジャパンはこれでW杯二次予選3連勝。次戦は11月14日にキルギスとのアウェー戦を行なう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本3−0タジキスタン|超満員の敵地で苦戦も…南野の4戦連発など3ゴールで首位決戦を制す