それ、部屋着?野暮ったくみえる「カーディガンのNG着こなし」

写真拡大

オトナ女子にとっても使い勝手のいいアイテム、カーディガン。
着回し力バツグンの万能アイテムだけあって着る機会も多く、マンネリ化も否めません。
それどころか野暮ったくて部屋着のように見てしまうリスクも潜んでいます。

そこで今回は「カーディガンのNG着こなし」についてまとめました。
自分の着こなしも含めてぜひチェックしてみてくださいね!

カジュアルすぎて垢ぬけないシンプルコーデ


カーディガンといえばデニムと合わせてラフに着こなすイメージも多いですが、カジュアルすぎて物足りなさを感じるのも悩みのタネ。
近所に買い物にいくような庶民的スタイルになってしまいます。

そこでポイントになるのは小物使いとシューズです。
シンプルだからこそ大ぶりのピアスや華奢なアクセサリー、足元はヒールだけでなくローファーで外すのも◎。

カーディガンのボタンを下の部分だけ止めてもぬけ感が演出できますよ。

ボリューム系ニットカーディガンをそのまま羽織る


寒さが増すにつれて活躍するシーンが増えるボリュームのあるニットカーディガン。
可愛いビックシルエットに安心してついついそのまま羽織ってしまいますが、もこもこした野暮ったい印象を与える代表的NG着こなしです。

ただでさえボリュームがあるので全体のメリハリをつけるのが正解。
タイトなボトムをチョイスしたり、デコルテ手首足首見せなどでシャープに着こなしましょう。

おすすめはカーディガン自体、柄物を選ぶこと。
それだけでだいぶおしゃれな印象にまとまりますよ。

ニットカーディガン王道のフェミニンコーデ


よくありがちなのはニットカーディガンにスカートを合わせたキレイ目のフェミニンスタイル。
ニットカーディガンのゆったりしたシルエットも相まって定番すぎて垢ぬけない雰囲気がNG要素になってしまいます。

おしゃれにまとめるなら素材感に注目するのも大事。
普段組み合わせないシルクやサテンといった個性的なボトムスとのコーデがおすすめ。

トレンドのアイテムでもあるのでひとう取り入れるだけでワンランク上のコーデが楽しめそうです。

ロングカーディガンスタイルは部屋着の定番


一番注意したいのはこなれたイメージのつきにくいロングカーディガンの着こなしです。
これも全体のバランスを意識しないとただの冬の部屋着のリラックススタイルのよう。

カーディガン以外のアイテムをタイトにまとめてビビッドカラーの小物でアクセントをプラス。
ちょっとごつめのスニーカーで足元までスタイリッシュに決めましょう。

ヘアアレンジをコンパクトにまとめるのも忘れずに。

いかがでしたか?
自分でも気づかないうちにNG着こなしをしていた……なんて方もこれで心配ご無用です。
これからもオトナ女子らしくカーディガンをおしゃれに楽しみましょう♡

(liBae編集部)