神戸市立東須磨小学校の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、市教育委員会は15日、全市立学校・園の校長と園長を集めた説明会を開き、全教職員を対象にハラスメントの実態調査を行う方針を明らかにした。

 市教委は今月中に再任用や臨時職員を含む全教職員にアンケートを配布し、東須磨小以外でも教職員間でのハラスメントがないかどうかを調査する。

 この日午後6時から市内で開かれた説明会では、市教委幹部が校長や園長に東須磨小の問題の概要を説明。ハラスメント調査では、学校による隠蔽(いんぺい)などを避けるため、校長や園長を通さず市教委が直接アンケートの回収を行うとした。