“地下神殿”大活躍 「氾濫食い止めた」と称賛の声

写真拡大

 台風19号の時に首都圏の川の氾濫を食い止めたとして、称賛の声が上がっています。

 埼玉県春日部市にある雨水をためる巨大な施設。台風19号が関東を直撃した12日には雨水が最大10メートルほどの高さまでたまりました。これがネットで大きな話題に。

 ネットで称賛されているのは「地下神殿」とも呼ばれる「首都圏外郭放水路」です。世界最大級のこの放水路は全長6.3キロに及び、施設全体で雨水を67万トン貯水できます。近くを流れる5つの川の水の一部をためて比較的、余裕のある江戸川へ流すことで首都圏の川の氾濫を防ぎます。

 台風上陸の前日まで空だった地下神殿に水が入り始めたのは12日正午ごろです。そして、ためられた水が江戸川へ放水され始めたのは午後7時ごろ。放水した量は東京ドーム約9.2杯分だといいます。

 江戸川河川事務所によりますと、地下神殿は今年に入って5回稼働しているとのことですが、フル稼働したのは4年前に鬼怒川が決壊した時以来のことだといいます。